Sponsored Link

【このブログに来てくれた人へ】歯並びを良くするためにやってきたこと【2017~現在まで】


私のブログに来てくださいまして、ありがとうございます。私はYoshiakiと申します。

  本記事は、  

  • 歯並びを良くしたい
  • 矯正後の歯並びを維持したい
  • 歯列後の後戻りを予防したい

  人向けです。良い歯並びを追求し続けた私の経験をシェアしたいと思います。

それでは、2017年からマウスピース矯正をしてきましたYoshiakiの歩んだ道のりをご覧ください( ´∀` )。  

私のマウスピース矯正の歩み

見に来てくださった人はいろんな理由や事情があって見に来てくれたと思います。

さて、このページは私の歯列矯正の歩みを書いていきます。

皆さんは気になったところや知りたい部分に差し掛かったら、その記事やカテゴリに飛んでいってください。 URLを貼っておきます。

では早速書いていきましょう。  

矯正の前に:オープンマウス、舌の硬さ、筋力の無さを認識

歯医者さんに最初に言われたのは「柔軟性のない、硬い舌」でした。

その言葉に対し、私はえ??マジ??それってダメなの???って感じでした。

当時の私は現状の歯並びや舌を異常と捉えていなかったです。オープンマウスと言う言葉すら知りませんでした。

通院を重ねる度に歯列矯正の常識を知りはじめ、患者本人も勉強が要る危機感を覚えました。 そんなこんなで私の歯列矯正は始まりました。

 

▼歯列矯正スタートの記事 https://yoshiakipote01.com/2019/04/14/27%e6%ad%b3%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e6%ad%af%e5%88%97%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81%ef%bc%81%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%94/    

数ある矯正の手段として、マウスピース矯正をすることになった

私も歯列矯正か~。金属ブラケットするのかな~」と思っていたら、マウスピースを使って歯列矯正することになりました。

マウスピースと言ったら、つけ続けないといけませんし、マウスピースをお手入れしないといけませんし、何より手間なので日常生活に取り入れるのが結構大変でした。 治療が進むか否かは、自分の自覚次第だと気を引き締めました( ´∀` )。 治療開始当初は「プレオルソ」を使っていました。その後は「myobrace STAGE1」というマウスピースを使いました。   ▼プレオルソとmyobraceの説明動画(少し音質悪いかもしれません。イヤホン推奨です。) https://www.youtube.com/watch?v=MGJK2SX2fgg マウスピースでの治療を進めるために、いろいろと治療を施していくことになります。  

舌小帯を切除⇒舌の柔軟性を獲得

前述の通り、舌が硬かったので舌の動きを阻害していた舌小帯赤丸部分)を切ることになりました。 (舌小帯は舌の可動域を狭めます。日本人は放置することが多いらしいです。私もそうでした(笑)。)

舌小帯切除の理由としては、舌のトレーニングの成果を最大限得るため、ひいてはマウスピース矯正の治療を進めるためです。

▼舌小帯切除 https://yoshiakipote01.com/2019/04/14/%e8%88%8c%e5%b0%8f%e5%b8%af%e5%88%87%e9%99%a4%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%9f%ef%bc%9f%e3%80%80%e8%88%8c%e5%b0%8f%e5%b8%af%e5%88%87%e9%99%a4%e3%81%a7%e6%9f%94%e8%bb%9f%e3%81%aa%e3%83%99%e3%83%ad%e3%82%92/

 

舌トレ:あいうべ体操

舌や口回りを鍛える具体的なトレーニング方法です。 書籍やネットの情報はたくさんありますので興味があったら調べてみてください。

私があいうべ体操を始めた当初、本当に上手に出来ず、苦労しました・・・。 しかし、口、舌全体の筋力を効率良く向上させるにはもってこいです。進歩が日々感じられるので挑戦しがいがありますね( ´∀` )。 *私は根性論が大好きです(笑)  

▼あいうべ体操 https://yoshiakipote01.com/2019/04/18/%e5%ae%9f%e3%81%af%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e6%8a%9c%e7%be%a4%ef%bc%81%ef%bc%81%e6%af%8e%e6%97%a5%e3%81%ae%e7%bf%92%e6%85%a3%e3%80%8c%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%b9%e4%bd%93%e6%93%8d%e3%80%8d/

歯磨きに凝る:良い歯並びのために管理レベルを上げています

このころから歯列矯正に関する本を乱読し始めます。無駄知識も含め、たくさん吸収しました(笑)。 (読書ってそんなもんですよね(笑))

とある本の「除菌歯磨き」という方法が歯列矯正に役立つと考え、私も取り入れることにしました。   除菌歯磨きの考えを簡単に説明すると、  

  • 歯垢は口内炎症の原因となるため無い方がいい
  • 歯垢がない時間を多ければ、口内トラブルが減って歯列矯正を進めやすい

  と言う理屈です。

*今でもやっています。 習慣です。  

▼除菌歯磨き https://yoshiakipote01.com/2019/04/29/%e9%99%a4%e8%8f%8c%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%84%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f%ef%bc%81%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81%ef%bc%81/

 

ボツリヌス菌製剤治療⇒下顎の位置が矯正された

口を閉じるときに下顎(オトガイ筋)にシワがよる癖が抜けないため、この治療を行いました。 *下顎にシワが寄る口の閉じ方は正しい閉じ方ではありません。 

下顎に注射をして、下顎の筋力を半年間弱くしました。 その結果、下顎に力が入らずに口を閉じる訓練を積み上げることができました。その結果、下顎の位置が矯正され、歯並びが変わりました 👇歯列矯正開始時 👇ボツリヌス菌製剤後 開咬(オープンマウス)が改善されましたね。ちょっと自分のしてきたことに自信を持ち始めました。  

▼ボツリヌス菌製剤治療の記事 https://yoshiakipote01.com/2019/04/20/%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%96%b0%e3%81%9f%e3%81%aa%e8%a9%a6%e3%81%bf%e3%80%80%ef%bd%9e%e3%83%9c%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%8c%e3%82%b9%e8%a3%bd%e5%89%a4/

MFT(口腔筋機能療法)に出会う:患者が勉強すべきこと!

歯医者さんとの何気ないやり取りで偶然MFT(口腔筋機能療法)という言葉を知りました。あのとき質問しなかったら、MFTって言葉を調べることは永久になかったことでしょう(笑)。 ▼MFTカテゴリ http://▼MFTカテゴリ https://yoshiakipote01.com/category/%e6%ad%af%e5%88%97%e7%9f%af%e6%ad%a3/mft%e5%8f%a3%e8%85%94%e7%ad%8b%e6%a9%9f%e8%83%bd%e7%99%82%e6%b3%95/

ネットや本から色々勉強中です。MFT舌に関してのカテゴリで日々記事を増やしていく予定です。

 

舌トレ、鼻呼吸の会得:良い歯並びの実現を助けてくれます

歯列矯正について色々学習していくと、「鼻呼吸は良い奴、口呼吸は悪い奴」という認識が育っていきました。 (歯列矯正を行う人、健康志向な人はぜひ持っていてほしい認識だと考えています。) そのことを踏まえまして、鼻呼吸カテゴリ、口呼吸カテゴリを設けました。リンクを貼っておきますので気になる方はどうぞご覧になってください( ´∀` )。 ▼鼻呼吸カテゴリ https://yoshiakipote01.com/category/%e6%ad%af%e5%88%97%e7%9f%af%e6%ad%a3/%e9%bc%bb%e5%91%bc%e5%90%b8/ ▼口呼吸カテゴリ https://yoshiakipote01.com/category/%e6%ad%af%e5%88%97%e7%9f%af%e6%ad%a3/%e5%8f%a3%e5%91%bc%e5%90%b8/   今後、私は情報発信を続けていきます。

投稿日:

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.