下手な資格より役立つ!勤務終わりにあすの予定を書こう!





普段、工場勤務はそれなりに楽しいのですが、つまらなく感じる時が私にもあります。私の場合、その理由は大体決まっています。そもそもやることが決まっていない、あるいは業務の必要性がまるで感じられないときですな(笑)。無駄が嫌いなんです。楽したがりなんですよ(笑)。



人には最終的な目標のようなものがあるかと思います。それをどんどん細分化して順序立てないと毎日やってられません。将来のビジョンに対してこれからやっていくことをなるべく頻繁に確認していく必要があるなと感じます。時間がかかっても、面倒でもこのような作業は絶対に行うべきです。よくアドバイスするのは「家に帰る前に明日やることをメモしておく」ことです。これですご~く生産性が上がりますよ。下手な資格より役に立ちます。はやく終わる分、案件も振られるでしょうが(笑)。

*今でもやってます。

PAK25_ipadtatakiwaru_TP_V.jpg

 

工場勤務だと、「どうすれば不良が減るか」「どうすれば作業が楽になるか」を狙って動くと割と暇にならないですし、上司に助言を求める時にも頭に入れておけば的を外さず会話できると思います。これ以外にも考えることはたくさんありますが。事実、そういう視点が持てる方は上司に引き上げてもらえていますし、不幸になった人間を私は知りません。むしろ、こういう人間は年収が上がる傾向があります。

特に、駆け出しの下っ端だと現場の駒扱いされることがよくあるようです。その点私は助かってました(笑)。やはり、素直に相手の話に耳を傾けてスキルを見せることが重要な気がします。そうすれば、どんな工場どんな現場でも、あるいはどんな職場でも無下にはされないと思います。各職場には、ローカルルールのようなものが確実に存在しており、地雷を踏んだら大変です。

自分の将来に対し、どう行動するかを一考する時間を設けることは大切に感じたので、独りの時間も確保されることをおススメいたします。創造性を発揮したいなら暇なことは結構重要と私は考えますので、数時間は確保してます。若い方は割と仲間といっぱい遊ぶ人が多く、一つのことに考えを巡らせる機会が少ないと感じられることがたびたびあるので、暇になることを薦めています。暇になろうと努力する過程で仕事の効率化を考えてくれたら嬉しいな~なんて思っています。イッツ短絡(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう