ルーキーは知っておこう!! ~工場の現場で何をしたら怒られる???~





すぐに辞めてしまう若手、一生懸命やってるのに何故か怒られる。

すごくこの手のお話を聞きます。それゆえに後輩や若手から「どうすれば怒られないか」を頻繁に質問されます。恐らくストレスを感じたくなく、理不尽を回避したいのでしょう・・・。

その気持ちはすごいわかりますし、業務のスピード感は昔と比にならないくらい速くなっているので、新人さんが要領のよいやり方を知る権利はあると思います。

 

 

しかし年配の方は「若い頃、怒鳴られながら仕事を覚えた」と誇らしげに仰るので、その精神を若手にぶつけるから余計に関係がこじれるのでしょう・・・。新人さんの気持ちも理解せず、欲していないものをあげてしまう。

こういった構造を一応理解はしていますが、怒られない方法を教えてくれって・・・。私がどう思うかは置いといて、それは世間のニーズみたいなので、書いてみようと思います。



まずは工場の製造現場の目的、常識を知っておきましょう。

・製造する
・交代勤務の場合、生活が不規則(夜勤、日勤、シフト制)
・稼働させておくのが当たり前(調整で停止させるのはアリ)

 

 

よほど話し方や顔がムカつくって方は別問題ですが、基本的にこれらの邪魔をしなければあなたは怒られませんし怒れません(笑)。実際に怒られるケースとして・・・

・機械相手に作業中なのに呼び止める  (そりゃ怒られますわ)
・その人の出番も確認せず、現場の問題を話す (その時間出番俺じゃねえし!!ってなったら怒られます。相手の出番を確かめましょう)
・不具合調整の邪魔をした   (真面目な人ほど怒ります)

 

 

上記の目的や工場の常識を知っておけばこういった地雷を踏まずに済みそうですね(笑)。基本的に工場勤務の方はこれら3常識ができていれば「仕事ができる人」、できなければ「ダメな人」とあっさりと認定します。

良い人間関係を築くためには現場の常識を知ることが重要だと思います。これから工場で研修の方や人間関係に不安のある方の一助になればと思います。

 

 

最近、よく見られるケースを紹介します。

・現場の方のプライベートは詮索し、雰囲気が悪くなる

大学でノリのいいキャラで通っていた方は、例え初対面の人が相手でも速攻で距離を縮めていくでしょう。おそらく同世代なら通用するでしょう。

しかし、多年代がたくさんいる会社では「コイツ会社に何しに来てるの??」って思われるのが関の山です。

 

 

初対面なのにそんなこと聞くか???なんてデリカシーのない奴だ!!!」みたいな愚痴を聞かされることが多いので今回書いてみました。プライベートな話題は向こうから振ってこない限り我慢しましょう。

このケース、足の指を含めても足りないくらいよくあります・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です