新人は何を意識すべき? ~戸惑っても慌てないで!~





ついこの間まで学生だった方がいきなり会社、しかも工場の製造畑に来ると戸惑うのは当たり前です。これまでの常識が常識でなくなるので、ストレスや戸惑いがもれなく付いてくることでしょう・・・。

現場入ってすぐに辞めたくなる新人が多いのはなぜか考えて、教育をしていく必要性があると感じております。工場の現場の人間と新人の意識にギャップがあると考えられます。

なが~い間勤務している方は大昔のことはほぼ覚えていないので、当時戸惑っていたことなんて記憶のかなたです。現場で活躍している今の記憶しか鮮明に残っていないものです。



では本題です。

まず、現場の人間は「教育をしていこう」という意識は基本的に皆無だと考えたほうが良いです。新人がある程度育ってそこそこ使えるようになるまで待つスタンスだと思います。まずここで新人さんは戸惑いますな・・・。

「何を覚えればいいのか、どうやって覚えればいいのか、誰に聞けばいいのか」は基本的に用意してはくれないでしょう。ですので、職場の責任者さんに聞きましょう。そうすれば大丈夫。たぶん。

 

 

さらに、「大卒はなんでも知っている。英語はペラペラ」みたいな間違った認識が少なからずあるようです。「大卒のくせに・・・」なんて言って新人を見下してやろうとする輩もいます。

ぜひ注意してもらいたいですね(笑)。どんな職場にも「嫌な奴」は必ずいたりするので、心が冷めていたほうが場合によってはいいかもしれません。

しかし、心配しないでください。会社に勤めていて、かつ収入減が会社からしかない人基本的に自分でバリューを生み出せない程度のスキルしかないので学生さんと能力は大差ないです(笑)。

 

 

これは、口には出してはいけないですが心には留めておいてほしいですな( ´∀` )。

なんでも真に受けてしまう、真面目で素直な人ほどストレスを感じ、メンタルがやられてしまう例を何件も見てきたので間違いはなさそうです。

ネタはたくさん上がっているのでどんどん拡散してほしいです。これは続編を出しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です