ダメ上司の言い放つマジカルワード ~勉強~





最近、メンタルをやられちゃっている同世代を多く見かけます。これは非常事態です。せっかくできた仲間を離職といった形で失うのは嫌なものです。しかも、本人の能力の問題ならまだしも、上司や先輩によって追い込まれ、ストレスを感じている状況なら事態はすごくタチが悪いです。



ある会社では、大卒新入社員に将来の幹部候補と銘打っているようですが、現場とうまく過ごせるかどうかは別問題なようです。

工場の現場内では、たびたび理不尽なことが若手に降りかかります。たとえば、上司の不始末で不良を1ロット作ってしまったとしましょう。そのときに若手に言う言葉が「クレーム対応の勉強になるから引き受けてくれ・・・」です。ひどい場合にはさも当たり前のように命令される場合もあるそうです。

これを聞いた若手は「何を寝ぼけたことを言っているんだ???自分でやれよ・・・」と心では思っていますが、それを口には出せないものです。逆らったらどうなるかわからないでしょうから・・・。うん、ストレスでしかないですな。

この場合、上司も付き添うなら話はわかりますが(俺の背中を見ていろ!!っていう上司はかっこいいですな 笑)、完全に丸投げする方も少なくないのが現実です。

PAK86_kenkasurukappuru20140321_TP_V.jpg

確かに上司の方も他に抱えている案件があるのでしょう。失敗の尻拭いは気分が悪いものなので誰かに任せてしまいたくなる理由もわかります。私だってそうしたくなるときはあります。

先日、飲み屋さんで出会ったとある工場の管理者さん(たぶん中間管理職)からこんなことを聞きました。管理者さんの頭の中では以下のような論理があったりします。

 

S20170330033415_TP_V.jpg

上司さんの思考回路

「やばい・・・。ミスった・・・」「そこそこ この会社勤めてから長いから、周りの奴に尻拭いを見られるのは恥ずかしい」「そうだ!!勉強と銘打って若手にやらせよう!」「余計な時間取らなくてもいいし、他の案件もやれるし一石二鳥♪」

もっとひどい場合

あいつはムカつくからこの案件振って潰そう!!」 な~んていう場合もあるとのこと。管理する側はストレスだから、若手をいびらないとメリットを感じないとさえ言っていたのは衝撃でした・・・。

pp816IMGL0944_TP_V.jpg

どうでしょうか??ここまでとは行かなくとも、読んでくれている皆様の会社にはこういう人いませんか??大きい企業ほど毎年若手が入ってくるので、こういう使い方をするダメ上司がいたりします。

割といるがゆえに、「今やっていることは理不尽」といった認識がだんだん薄れていき、ついにはなんのためらいも、罪の意識もなくやってしまうのが実態と考えます。恐らく外れていないはず・・・。お話を聴いてみた感じ、こんなものですな(笑)。

反面教師にしましょう。おそらく私は学習能力は備えているはず(笑)。院卒だもん♬

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です