工場での独り言  ~安全靴は手入れしよう!!~





工場内ファッションについて(笑)

靴の手入れは必ず行うべきですが、工場勤務者の間で、安全靴においてはないがしろにされがちなような気がします。現場内は歩いての移動が大半を占めますので、足回りにはこだわるべきだと思っています。安全靴を知らない方へ簡単に説明します。

重量物を落としてしまう事態を想定し、つま先がたいへん固い構造になっています。言うまでもないですが人を蹴飛ばしてはいけません(笑)。



作業靴の底は全体的に硬くなりがちなので、内部にクッション性があるものをチョイスしています。それに加えて、湿気の溜まりにくい中敷きを入れています。

マジで靴の内部は湿気が溜まるので、湿気には気を付けましょう!!女性が「職場でスメハラ!」と訴えられたら何も言い返せませんし、裁判したらまず勝てないですな(笑)。

現実に起こり得ますので他人事と思わないようにしましょう。中敷きの母指球あたりがそろそろ寿命なので、そろそろ買い換えようかと思います。右足のかかと部分が擦り切れるのはなぜなんでしょうね・・・?

20170928_113059551_iOS.jpg

毎日足元を支えているので、作業靴こだわるのはサッカー選手と一緒な気がするのですが・・・。会社が一部負担してくれる安全靴はどうも自分には合わないような気がして、気に入ったものを履いています。皆には「もったいない」とか言われています。

しかし、足元が座っていないといい仕事ができない(気がする)ので私はこだわり続けます(笑)。合わない靴はストレスでしかありません。

 

 

また、作業靴の快適性をマックスに享受したいので、黒の五本指靴下も好んで履いてます。ワークマンなんかで手に入ります。工場勤務駆け出しのころはよくワークマンに行っていましたね(笑)。今でもお世話になってます。

作業靴にこだわる工場勤務者とスーツにこだわる営業マンと次元は変わらない気がするのは私だけでしょうか・・・?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です