製造現場の環境は劣悪か?





銀行マンや営業系の知り合いから「工場の現場ってうるさくないの?危険じゃない?」といった質問が割と来ます(笑)。働いてみるとわかりますが、実際うるさいですし、対策をしなかったら聴力がマヒすると思います。従業員が健康被害を被った日にはその会社は存在価値すら疑われます(笑)。

世界各国がメーカーに要求する品質は年々向上し、公害対策、騒音対策、従業員安全対策は年々厳しくなっています。工場の現場で従業員にもしものことがあったらあっという間にワイドショー沙汰となりうるので、従業員の就業時間は割とシビアに守っているものです。管理職の方たちはそこを一番うるさく管理しますしね(笑)。むしろ、デスクワークの方たちのほうが残業も多く大変そうな印象を受けます。なので、よほどデリケートな方でない限りは大丈夫だと思います。



会社同士の付き合いがある場合、関連会社の人向けに工場案内をするのはよくあることですので、よほどひどい所でない限り常日頃、清掃活動などしているはずです。作業がしやすいような、無駄を省いた現場はむしろ快適ですよ。管理者がダメな人だと環境は劣悪なものになっていきますが、良い管理者だったらのびのび働ける素敵な職場になるでしょう。工場の現場が劣悪になっていく仕組みも別で書きましょう(笑)。

優れた製造現場は6S 「整理 整頓 整備 躾 清掃 清潔」(「清潔」が「作法」の場合もよくみます。)が徹底されており、見ていてむしろ気持ちのいいものです。「なんか環境よさそう」と感じたら、6Sが行き届いているということかもしれません。入社する前に一回は工場を見ておいたほうが良いですよ(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう