外部の情報を取り入れることのメリット


会社内に居すぎると嫌でも情報が偏るものです。

偏った先には考え方が狭くなり、重要な判断をミスる将来が容易に予測できます。

多ジャンルな本を読んだり、刺激的な考え方を持った人と話をしたり・・・

学生の方にも余裕で起こせる行動だと思います。

社会人(特に工場勤務は)とかでこの手の行動を取っている人はあまりいないようです・・・。



これは居心地の良い集団をつくって、属して安心することも同じことに感じます。

そのせいで考え方がその集団の皆さんとほぼ同じになり、その発想しかできなくなると思うと一人でいろんな集団に出入りして吸収しては愛想よく退場するほうが良いように感じます。

その手のコンフォートゾーンは私には不要です(笑)。

DANDA170629j_TP_V.jpg

ちょっと物珍しさを感じたら質問することを心がけております。

真顔で質問すれば「お、よほど気になるんだな?」という具合に割と紳士的に教えてくれるものです。

新しい考え方や知識を得たりすると充実を絶対に感じると思います。

 

 

少なくともストレスにはならないかもしれません。

勉強しては新しい知識を得て、考え方が磨かれて、ブログにその考え方を書き綴って・・・みたいなサイクルが楽しくなってきています。

いい傾向(笑)。

それが楽しいうちは老けなさそうですな(笑)。たぶん(笑)

今日は短めですな( ´∀` )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です