歴史好きは工場現場向き??





私は物事の根本を知ることが好きです。歴史や原点を知りたい性分みたいです。その姿勢を工場内に持ち込むと変人扱いされます(笑)。変人扱いが嫌な方はここで読むのをやめましょう(笑)。

それはさておいて、工場内は歴史の宝庫です(笑)。息の長い工場ならなおさらですな(笑)。

何年か生き抜いた現場なら、その現場独自の進化を遂げているものです。それを知るのは結構楽しいです。就職採用担当者は「歴史は好きですか??」って絶対聞くべきだと思います。

現場では装置に始まり、配置にこだわり、オペレーターの導線、最後に照明設備を見るのが私流です。現場が発する主張を汲み取れたときは割と気持ちが良いものです。これはいろんな建物の中に入ったら必ずやってしまうことです。マシンのポジショニングに疑問を感じたらつい配置の意図を聞いてしまう・・・職業病ってやつですな。

そういったことに楽しさが見いだせているので毎日楽しいのかもしれません。これは突き詰めてもいいかも知れないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう