食べ過ぎが万病のもと?


工場の現場では毎日が生産活動ですので健康管理は超重要です。

不健康だと人にあたり散らしたくなるものです。

(当たられたほうはたまったもんじゃないですがよくあることです(笑)。)

風邪をひいたり、体調を崩したりして休まれる方が続出しています。

これは春夏秋冬問わず起こっていることでしょう。

何を心がけたら毎日を健康に近づけるでしょう。

 

 

私はほぼ体調不良がここ数年ないのですが、大切にしていることがあります。

内臓に休息を与える時間を意識的に作る

ことを念頭に置いて生活することです。

 


 

空腹が苦手な方は大変かもしれません。

しかし、寝坊とかでしょうがなく空腹状態になるのとコントロールして空腹になるのは精神的にかなり違うと思います。

 

 

例えば、朝寝坊して朝食が食べられず、日中イライラし、ランチはドカ食い・・不健康的ですな。精神面にも悪影響でしょう。

太っていて、血色のいい人ほど、風邪をひいている印象です。

食べ過ぎて、内蔵が休まらず、体がだるくなる・・・。このパターンが社会人、本当に多いなと感じます。

内臓の大半はいったん悪くなると元通りにはならないので、ケアはしっかりするべきです。

 

 

忘年会シーズン、新年会シーズンはドカ食いの時期なので周りの人の体調が心配ですな。

無論、私はめちゃめちゃ元気です。ビバ空腹(笑)。

*私は拒食症ではないです(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です