世代間温度差・・果たして会社に40年もいるか??


食事中のときに世間話が聞こえてきたので耳をすませて聞いてみました。

もうすぐ定年の方たちの会話でしょうか、「頑張って働いても年金もろくにもらえないだろうし、若い世代はかわいそうだよね~」的な会話をされていました。

さらに興味深かったのが「40年近くも働くってのに、その時まで会社がもつかなぁ??」の一言でした。

私の隣にいた若手はムッとしていたようですが、もうすぐ定年世代が年金をいっぱいもらい、若い世代は働かされるが年金はさほどもらえない、いわゆる中年層が勝ち逃げを決めるのは確実に起こる現実です。

ですので、年金が万が一ない場合に備えて、何かしら準備をする必要があります。

 

 

働き方改革の影響か、副業を始められる方も私の身の回りにも多く見受けられるようになりました。

このことだけからでも「若い世代の会社離れ」が進行していると考えたほうがいいのではないかと思います。

これは私の感覚ですが、「若い世代は就職するまでは必死、会社に入って幻滅、これといった愛着もないし収入源増やすかな・・・みたいな考えが若い世代に出回っているような気がします。

確かに、私も会社がつぶれることを想定して今から手を打っている状態ですのでその考え方は理解できますし、柔軟だと思います。

会社勤めがオワコンになるのは時間の問題かもしれませんね。

こういうことを発信していると仕事してるぜ!!って気分になります( ´▽`)。

BL008-cyottomatteyo5820140810_TP_V.jpg

思えば、私に質問してくる、相談してくる若い衆は皆 副業関係のことを聞いてきますね(笑)。

私はそこまで副業で稼いでいるわけではないんですがね・・・。

少し前みたいに会社に魅力を感じて「この仕事は自分のやりがいだー!!」みたいに向こう見ずでモーレツに頑張る若手もめっきり見なくなりましたね。

少し寂しい気もしますが、ある意味世の中が見えているのかも知れませんね。

インターネットの影響か、幅広く、素早く情報が入手できるがゆえに、多様な生き方を選択できる時代に突入したのだと予感させますな(笑)。

 

 

若手には「バブル期は建造物を建てまくっていた世代、君ら世代は建物を能率的に使う世代。考えが違うのは当然だからムッとしないようにね」と口酸っぱく言っています。

これはどういうことかというと、バブル期は「作業に参加していればオッケーで作業時間と好景気のおかげで出世した世代」で周りと同じことをしていてもそこそこいい生活ができていました。

ですのでその世代ではその考えは正解でした。

一方、現代は「ITやシステムの進歩で、あらゆる作業が効率化されているから作業時間だけでは稼げない」という認識でいます。

 

 

つまり、それらをフル活用すれば一人勝ちを決めることだって不可能ではないということです。

うん、こりゃ会社って集団に愛着や帰属意識は持てないですよね・・・。

若手には一見理不尽な時代の変遷かもしれないが、実際はチャンスタイムだと言って聞かせてモチベーションを保ってもらっています。

若手の聞き分けがよくて私は恵まれていますな( ´▽`)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です