製造現場のあるべき姿と現実 ~どんな方が多い?~





石の上にも3年」という言葉がありますが、つい最近まであまり実感が沸いておりませんでした。ひとつのことをある程度のレベルにまで引き上げるのに3年も必要とは思えないし、大きな成果をあげるためには3年は短すぎるとも思っていたからです。タイトルと何の関係があるのか?って感じですが、工場で活躍するには大体3年程度は見たほうが良さそうだと実感してきましたので、今回このことわざを引用しました。工場で成長するとこんな人間になりま~す!みたいな本はたくさんありましたが、果たして本当にその通りなのかを私の独断と偏見で書いていこうと思います。

あるべき姿

はじめに、工場で行なう作業(某自動車メーカーは除きますが)は基本的に普通の生活を送っている限り、まず行ないません。ですので、新人ら若手は「作業に慣れることが最優先」です。この非日常な作業に慣れてきたら、他の事を考えたり、気にしたりする余裕が出てくるものだと実感しております。しかし、「ただ作業を行なうのみ」でオッケーなのはせいぜい1年目までです。そこからは、作業の背景知識や工程全体のことも気にするレベルにならないといけません。工場作業者は最終的には「工場全体」まで見通せるくらいがよいとされていますが、現実としてはそういう方はほとんどいないでしょう(笑)。作業者さんの位置から出世を狙うなら、改善マンとして社内で有名になるくらいでないと給料は上がらないですよ( ´∀` )。

DANDA170629j_TP_V.jpg

現実

では、どういう方が多いのかでしょうか?ひとつは「自分の業務のみの効率化を考えること」です。部分最適とでも言ったところでしょうか?個人の快適のみを考えて業務を行なっているので、全体的に効率がよいかどうかは判断できかねます。ある程度勤続年数があって、自分のわがままが通せるようになった方がこういったことをしがちです。決定権を持っている人の王様ゲーム状態が現実としてあったりします。また、どんどん年配になっていくにつれて、周囲とのコミュニケーションをすっ飛ばす傾向が強いような気がします。その結果、余計に独りよがりになり、効果的でない方向にいってしまうことが考えられます。これはどうしようもないですな。

 

PAK_OO0I9A4339_TP_V.jpg

また、成果を挙げようとするあまり、全体最適まで気が回らないケースも良く見受けられます。「今年は成果を出して出世しよう!」と意気込んで仕事をした結果、かえってややこしくなったことは残念ながら多くありました。やる気がないからダメならまだわかりますが、「やる気があってエネルギーも費やしてその結果ダメでした」というのは上層部からしても扱いにくいみたいです・・・。「周りから突出したい」「トップに立ちたい」みたいなギラギラタイプは工場の製造現場には向かないのかもしれませんな。←これは私の個人的な考えです(笑)。

工場で働く方は、「手柄を独り占めしない人」「よく話を聴く人」が要求されている気がします。副収入とかあって、出世競争にそこまで貪欲になる必要もなければこれら二つは会得できると思うんですけどね~。

ここ数年、悩んでいる若手を見ると、大体この考えに行き着きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です