お酒のマナーを学ぶメリット 2つ





工場はとても閉鎖的です。

とっても狭い縦社会のような構造が今でも根深く残っている工場も多いと聞いております。

たとえ管理者さんがムカついても、工場内作業者さんはアイテムを生産しなければなりません。

そうした不平不満が募るので、工場勤務の方の多くは発散場所を求めるのが相場です。

普段のお仕事の鬱憤を晴らす絶好の場が「飲み会」です。

 

 

こちらはハイパー縦社会です。「飲め」と言われれば下の立場の人は飲まざるをえない・・・。

いわゆるアルハラってやつが横行しています。

それが原因で会社を辞めちゃったり、障害を抱えてしまったりというのはよくニュースで出ることです。

私はそうなるのが嫌なので自分を守るためにも、お酒を薦めてくる人間がどんな考えなのか知る必要があるのではないか?と考えました。

 

 

どうせ飲み会に出るなら「楽しかったな~」って言えるくらい良い会にしたいところです。

少なくとも私はそう思います。どうやったらお酒の席が有意義になるか考えてみました。

解決策のひとつとして、「お酒のマナーを学ぶ」を挙げようと思います。具体的なメリットは2つあります。

KCDSC_6010_TP_V.jpg

 

・飲ませる人ほど、お酒系質問に熱心に答える傾向がある

・職場での評価が上がる 

では、一つ一つみていきましょ~♪

 

 

①飲ませる人ほど、お酒系質問に熱心に答える傾向がある

試しにやってみたら、結構な確率でいい方向に向きます。

まず、飲ませる人は基本的にお酒が好きな方が多いので、割りとこだわりを持っていたりします。

特に多いのが「カッコいい飲み方」についてです。

マナーの知識があればもしかしたらその方のこだわりポイントに気がつくかもしれません。そうなったらもはや懐です(笑)。

 

 

こだわりポイントがわからなかったら こちらから関係性の高そうな質問を投げかけてみましょう。

私の経験上、お酒の勢いもあってか、新らしい発見からどうしようもないことまで ハイペースかつ正直に喋ってくれます。

ひとしきり喋って気分よくなってきたら、もはや聞き手は「飲ませる対象(的)⇒いい話し相手(友達)」になります。

これは結構差があると思います。運よくこうなったら、良い意味で飲み会にも誘ってもらいやすくなるでしょう。

*逆にこだわりのない飲ませ屋さんは何をしていようが基本的に魅力のない人間なので、ほっといて大丈夫です。時間は大切にしましょう。←私の経験則です。 

tsuchimoto0I9A6505_TP_V.jpg

②職場での評価が上がる

これはどの職場でも例外なくありえるお話だと思います。

社会人としての嗜みではないですが、いい立ち居振る舞いができていればそれだけで評価が上がったりするから不思議ですよね(笑)。

大騒ぎする傾向がある方は、一冊ハウツー本でも読んでみましょう。

実際に飲み会本番で実践すると面白い結果が得られるかもしれません。この手の評判は良かろうが悪かろうが 工場ではすぐに広まるものです。

仕事にもいい影響が出るのも間違いないでしょう♪。

shiosio_kasdfjk_TP_V.jpg

お酒の席で、心地よさを感じるときは「大声を出せちゃうくらいに周りもある程度うるさく、夢中でひとつの行動をしている状態」だと思います。

飲み屋さんで楽しそうにしている方とか大抵そんな感じですよね(笑)。

人に飲ませるのも「ひとつの行動を選択するため」に仕掛けているのではないか?な~んて考えています。

だから、飲み会では基本的に相手の方に「色々喋る」行動を選択していただいております(そしてネタもいただく 笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です