「謙虚」のススメ ~主張ではなく提案を!!~





私は謙虚な人間に好感を抱きます(笑)。皆さまも大体そうだと思います。

これは工場にもしばしば当てはまり、人間関係の構築をミスっている方を何人も見ていく中で色々学びました。

その中で、「謙虚」でいるため、そう思われるために必要と考えられることを書いていきます。

・相手を見て主張をしない

・仕事のみを見つめて提案する

順番に見ていきましょう。

pp816IMGL0944_TP_V.jpg

相手を見て主張をしない

仕事を人に振る、頼む時に「その相手だから沸く感情を乗せて話す」ことによってどんな内容であっても、差別的な温度差が発生します。「そんな気はない!!」といっても周囲にはそう思われるのが現実です。こういうのを「他人に受けの悪い主張」と勝手に呼んでます(笑)。相手が可愛い子でもプラスな感情を文言に添えない、どうしようもない人にもマイナス感情を会話にのぞかせないことが最低限必要です。工場で上に立つ方ならなおさらです。特に感覚が鋭敏な若手や女性に注意しないとすぐに姿勢や人間性を疑われることでしょう・・・。

ipadIMGL1352_TP_V.jpg

仕事のみを見つめて提案する

これが出来ている(判断するのは部下ですが(笑))人は素晴らしいと思います。スタンディングオベーションものです(笑)。

上司でしたら、部下に対して「この仕事をこなせる能力がありそうか、否か」のみで仕事を振ればよく、部下でしたら、「工場を良くするためにこの考えはどうでしょう?」的な視点で発言すれば良いのです。

勤務経験から考えるに、物事の進捗にしか興味のない感じの人間のほうがかえってウケはいい印象ですな。

好かれない代わりに嫌われないって感じです。

仕事は進みますから男性陣から後ろ指を指されることもないでしょうし、男女関係の話をほとんどしなければ女性から警戒心を抱かれる可能性も低いでしょう(笑)。

人に対する主観が全く入っていないので、物事はスムーズに進みつつ人間関係で摩擦が生じたりする危険性もほぼ皆無です。

不純物が多い水はあまり美味しくないみたいに、会話でも伝えたい中身の純度を高めるべきです。

仕事人って素敵ですな( ´∀` )。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です