悲報 野菜は栄養が低下している・・・サプリメントを使用しないといけない現実


私は地方に引っ込んで細々とやっていますが、その中では兼業農家さんも多数いらっしゃりその方とお話する機会がありました。

その方は農業の現在過去、そして近未来について見識のある方だったので私と話が合いました(笑)。近未来のお話は本日は割愛(笑)。

*私は大学生の時、ハウス栽培に導入する設備の研究をしていました。国際学会にも出てます(笑)

20年くらい前の農業は地域同士のつながりもたいへん強く、「この作物はあの人」「あの作物といったらあの人」といった具合に空気を読んで栽培していたらしいです。

土や天気とも長く付き合い、真の意味で丹精込めて育てていたせいか、栄養価が高い野菜や果物が多かったとのことです。

GAK75_minitomato_TP_V.jpg

現在は、天候の変化で収穫量が乱高下しないように様々な栽培様式が採用されており、基本的に財力のある集団が有利です。

ですので、特定の農作物で寡占が起こってしまうことも珍しくないようです。また、農業オンリーで生活できる人があまりいなくなったのも原因かもしれません。

作物が成長する仕組みも解き明かされ、機械で制御できてしまう時代となりました。

そのため、農業にもスピードや技術の進歩といった価値観が持ち込まれるようになってしまい、もはやゆったりとはできないですな。

 

 

ここから驚愕のお話・・・

20年前に比べて、野菜の栄養価は8分の1~20分の1

マジか・・・。そして農家さんから「サプリも併用しないとだめよ~」と一言。

農家さんがそんなこと言わないでよ~と思いましたが、言ってることは事実だそうなので、私はマルチビタミンを買いました。

但し、野菜を摂ることで食物繊維をとることができ、便通を良くしたりといった効果も得られますので、ちゃんと食べましょうね。

サプリメントはあくまで「補助」ですので忘れないようにしましょう(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です