現場の不満は管理者不在時!工場勤務者にはお一人様を薦めます!


管理者が陰口を叩かれているという職場は多いと感じております。

私もこれまでにそういう現場にいたこともあります。

そのような職場は作業者と管理者の連携がかみ合わず、双方ともに不満を抱えるのが相場です。

 

 

工場の現場で、お互いに不満が一切ない状態は私は見たことがありません。

これから現場に入られる方は「何かあるな・・・」という認識でいましょう。お花畑みたいな職場は絶対にありえません。

挙げようとしたらキリがありませんが、ひとつの例をあげます。この当時(大昔)は作業者、管理者の間に挟まれて大変でした。

途中からほぼ傍観者になれたので、そこまで精神面で消耗せずに済んだのは不幸中の幸いですな(笑)。

工場内の人間は日常業務の傍ら、こんなことを感じています。

作業者 

管理者も少しは現場に出ろよ!!机にばかり座ってないでさ~!楽しやがって!!

管理者さんがデスクに座って何をしているのか作業者さんに示していかないと、現場の不信感が募っていくようです。

管理レベルが高ければ、現場作業者さんは驚くほど文句を言わないものです(実体験済み)。

このような方向に流れていけば、作業者さんが資格取得に積極的になったり、改善アイディアを出してくれたりといった自発的な行動をする方も出てきます。管理者の人間性って大事ですな(笑)。

 

管理者

作業者なんだからあったことくらい報告しろよ!こっちはデータのとりまとめしているんだからさ~!いいよな~そっちは作業さえしていればいいのだから!!

精神面が未熟な、人間ができていない方が中間管理職になるとこのような考えに発展するようです。

部活動のキャプテンでも、~長といった役職についた方は基本褒められることはありません

人よりうまくできたり、精神面でも他の人より優れているのが当たり前だからです。

*ちなみにこの言葉を実際に管理者さんに言って、職場内で干された若手を数人知っています・・・

こういう愚痴を言われることがよくあったりしました。「そんなこと私にいわれてもな~・・・」って感じでした。私の経験上、お一人様な社員は愚痴の聞き役になる傾向にあるんですよね~。



両者の主張の厄介な点は「それぞれが自分の職務を全うしている」という意識が根本にあることです。

その認識でいると、嫌でも相手が力量不足と捉えてしまいがちになります。こうなったら実に始末が悪いです。

作業者から見たら「自分は頑張っている。管理者は楽している。」と思いますし、管理者側は「作業者としてのホウレンソウができていない!職務全うできていない!自分が頑張っているのになんなんだ!」とマジで感じてしまっていることです。

こりゃこじれる方向にしか行かないわけですな・・・。

 

 

お互いが「自分ではなく相手が仕事に対する姿勢を正す必要がある」という考えに発展してしまったら、お互いに歩み寄ったりはしないでしょう・・・。

管理者が不満を吐き出すために、私が管理者のデスクに呼び出された回数は数知れずでした・・・。

悲しいですが、こういう職場が現実にあります。

私は双方の愚痴を聞かされる立場でしたので、どちらの側につくわけでもなくフワフワしていたのですが、今考えると当時のポジショニングは適切だったと思います。

人間関係の苦しみを避けるには、まず集団に属さないこと」これは現場で、あるいは会社で生き抜く上で重要だといえます。

つまり、お一人様でいたほうが良いということです。当時の職場は「管理者集団」「作業者集団」「愚痴聞く係(私だけ 笑)」の3つの集団がありました。

それぞれ強固な集団でお互いを忌み嫌いあっている中、ワカメみたいにフワフワ漂う私・・・。面白い構図ですね(笑)

 

 

お一人様のスタンスでいると大変なイメージがありますが、案外悪くないものです。

「愚痴聞く係」はその他二つの集団から「お前はあっちの愚痴ばかり聞いてて大変だろう?」みたいな感じでむしろ気遣ってもらえるので結構美味しいポジションだったと思います。

愚痴の大半は私一人ではどうにもならないので途中から聞き流していましたけど、全く業務に問題はありませんでした(笑)。

聞いた内容は覚えておく必要はありましたけど・・・。

そのおかげで味方も増えましたので、案件もいっぱい来るようになり、結果的にうまく立ち回れた経験がありますので参考になればうれしいですな。

↓バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です