バブル世代の戯言 ~稼ぐとは額に汗して・・・www~


今から30年程度前は「バブル世代」でした。みんなが汗かいて朝も昼も夜もなく働いて、国力の底上げを「人間」が行っていた時代です。その時代を生きてきた方は新卒者に「額に汗して働くのが”稼ぐ”ということだ~!!!」とおっしゃります。

これについて若手から相談を受けましたので、考えを書いていきます。どうも納得できない、ストレスフルな様子でしたのでしっかり回答しました。

職場の方は十分な説明がたぶんできなかったのでしょう・・・。



結論は「30年前とかだったら大正解。今だったら不正解」です。

理由を説明いたします。まず、30年前と今との決定的な違いはPCとインターネットがあるかないかです。

この文明の利器のおかげで、集客、コンテンツ作成、資金繰り、経理、すべてがPCとインターネットがあれば事足りる時代になりました。

例えばブログやYouTube、PCサイト運営などが当てはまります。つまり、いったん仕組みを作ってしまえば寝てても収入が入ってくるお金のなる木ができちゃうのです(笑)。

 

 

また、ネット証券の登場によって一般人も投資を行えるようになり、しっかり運用すれば労働収益より効率よく稼ぐことが可能になりました。

正直、取引によっては数十万稼げたりしますし、ネット証券の恩恵をいただいています。

私はビジネスでも投資でもPCとインターネットをフル活用しています。勉強は今でも続けますし、試行錯誤は毎日していますが汗なんてかいていないのですwww。

ここで若手は大笑いです(笑)。*ただし、勉強しないという意味では断じてありません。

ですので、若手社員には「バブル世代にはPCやインターネットとかが流通不十分で、人間が非効率に頑張るしかなかったんだよ~。

時代は便利に変わってよかったねwww」と伝えました。

納得してくれたようです。万歳www。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です