生産応援者の扱いの変化  ~現場と適度な距離感を!~


工場は、予想外にオーダーが多かったら他部署から生産応援を呼ぶことがしばしばあります。

そのような生産応援は突発的な案件なので、基本的に運営側に罪はありません

毎年ある時期になると生産応援を募っているような現場は残念ながらゴミ運営としか言いようがないですなwww。

若手はとある現場に応援に行かされたそうです。大変苦しんでいます。

応援期間が進んでいくと周りの扱いが変化しているのを感じたようです。せっかくなのでまとめてみました。




応援1か月目

生産応援者ははじめは当然、作業なんて慣れていませんしそこまで難易度の高いことは任されません。

慣れることに注力しますので、残業もないです。

応援2か月目

応援現場に良くも悪くも慣れてきます。作業者さんと仲良くなってきています。

深夜勤務や日中にパシリを言い渡されることが増えてきます。残業も増えだす。

応援3か月目

そろそろ本来の現場の業務も、残業で対応しだす。もう目が死んでます・・・。

 

なんてこったですな・・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です