仮想通貨の仕組みを超ざっくりと説明してみた


仮想通貨は世間では「大金持ち」「億り人」のイメージが圧倒的でしょう。

大儲けできなければ途端に興味を失ってしまうのはあまりにも悲しいものですな・・・。

実際は仮想通貨のアイディアが面白いから、世界中でウケたわけです。

 

 

では、仕組みを説明します。

基本的にアプリケーションです。PCメールみたいなものだと思ってください。

つまり、低コストに送金できる言えます。

中央管理機関なしで金銭取引ができる仕組みなので、第三者機関を介さない分、安上がりなわけです。

 

 

ここで疑問。「仮想通貨って危なくないの??資産溶けたりしない??

決済で危険なのは「確かに支払ったのに、その支払いを証明できない状況」です。

ここでキーワード。

・送金相手とお金のやり取りする仕組みが「P2P

金銭授受の証明になる仕組み「ブロックチェーン

 

ブロックチェーンがいかにすごいものかイメージできれば幸いです。

この2つのおかげでより安く、金銭授受の証明が担保された仕組みすなわち仮想通貨概念の出来上がりです。

 

続いて特徴です。

 

・中央機関がないので、通貨の価値が外交関係で変わらない(プログラム制御で通貨量調整)

・現物がないので偽札が存在しない

 

中央機関がない⇒政府のさじ加減で通貨価値が決まるわけではないので、通貨価値の乱高下が法定通貨(ドルとか円とか)ほど起こらないことが考えられます。



ですので、私は早くコインの数も価格帯も安定して(つまらないチャートとも言うww)くることを願っています。投機の対象なんかではなく、ただの決済手段に変わる日が待ち遠しいです。皆様はどうでしょうか?

今回はざっくりとした説明でしたが、メリット、デメリットについても書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です