節約歴史 2014年





若手から「実際の収支を教えてください」と言われましたので、いくら入り、いくら使い、どの程度残ったかを共有します。

確かに金融知識があっても、実現可能な収支を見せないとわからないなということで新カテゴリーを作ってみました。

私がどこにポイントを置いて経済活動していたか伝えられれば幸いです。

これは2014年度、アルバイト時代の出費表です。

 

 

大体収入100万円、出費は85万円、住居は住み込み状態車はなしです。

エンゲル係数は20%程度でした。

鶏の胸肉、モヤシ、玄米といったものを自炊していくスタイルで何だかんだ生きていけました。

特に玄米はお世話になりました。

お米といったら白米ですが、玄米は精米前のものです。

ですので、精米によって失われるミネラルといった栄養素を失っていません

(昔はぬか漬けを食べていたのでミネラルを補えていました)

精米過程を省いている分、お値段も白米より安めです。

その他のところがネット代、スマホ代でした。分類ミスです。

地域性のある田舎に住んでいましたので、近所の方から野菜がもらえるといった幸運もありました。

毎朝、お散歩しながらご近所さんに挨拶を欠かさず行なった甲斐がありましたね(笑)。

そんなこんなで多少はお金が浮いていたので、月に一度はデートができるといった感じでした。

精神的に、そこそこ満ち足りた生活ができていたような気がします。

 




ネットサーフィンして、徹底的に節約に関する情報を集め、取捨選択しながら実行していったのが毎日の生活でした。

この時の経験から、独り身なら年間100万円程度あれば何とか生きてはいけることが分かりました。

結果、22万円程度貯金することができました。

この時の生活が今の私の金銭感覚を作ったのでしょう。

質問とかありましたらコメントお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です