Yoshiakiは賃貸派?持ち家派?


私はお金持ちになりたいと考えています。

それは、貧乏になる可能性をひとつひとつ排除していくことにつながっていきます。

Yoshiakiは家を持つ予定はありません。よって賃貸派です。

若手から相談も受けます。

 

家買っといたほうがいいんですかね??

 

これについては、

君が家の管理のプロなら、お金が有り余っているなら買ってもいいんじゃないかな?

と言います。

 

理由を説明します。

 

まず、持ち家のデメリットから。

 

・容易に引っ越せない

・固定資産税を毎年取られる

・買値以上の値段ではまず売れない

・老朽化に対してのメンテナンスを自分の裁量で行わなければいけない。

・住宅ローンを組んだら、購入代金以上の出費が不可避+ハンドリング資金減額

 

こんなところですかね(笑)。

お金かかりそうじゃないですか・・・。

つまり、家を買ったら貧乏まっしぐらなのです。

ですので、私は家を買いません。

さらに、家の管理は自信有りませんし。

家を買う人は恐らく「帰る家があるのは精神上いいんだよ」みたいな根拠のない感情論を振りかざします。

人間は賃貸であれ、持ち家であれ、帰巣本能は平等に芽生えることがわかっていますので・・残念!!

 

 

 

 

賃貸は、逆にこんな特徴があります。

 

・住宅メンテナンスは共益費で第三者機関によって行われる

・引越しが簡単

・売却リスクがそもそもない(自分のものじゃないから)

・頭金納入、一括購入に伴うまとまった出費が存在しない

 

賃貸でトイレやお風呂が壊れると、電話一本で外注業者さんに修理してもらえるのは大きいですよ。

自宅を所有してしまうと、自宅の水回りのトラブルは自分で処理しないといけません。

私は建造物を管理するスキルや経験が乏しいので管理する自信がないということです・・・。

家を買っている方は圧倒的な勉強量と経験に裏付けられた自信があるんでしょうね・・・www。

羨ましい限りですな(笑)。

と いうわけで私は賃貸派です。

 

 

更に申し上げますと、今後日本国内では家の値段がガンガン目減りしていくと考えています。

理由は

 

・若年層が家を持つほどの経済力がなく、そもそも家を欲しがらない

・人口に対し家が余る

・人口減少により不動産収入が望めなくなる

 

これら3つにより、一般人が不動産を手放す確率敬遠する確率は増えるでしょう( ´∀` )。

つまり、不動産会社に品物がいっぱいある状況になるでしょう・・・ということです。

余りものって大体セールに出されちゃいますよね・・・。

それと同じ原理です。

ですので、家がとんでもなく安くなったら1件くらい買ってもいいかな~と思う程度です。

とんでもなく安くならなきゃ買いません(笑)。

 

*恐らく家賃相場も下がるでしょうが・・・。

 

↓クリックありがとうございます。バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です