若手の愚痴 ~相談窓口に相談したらかえって苦しんだケース~


ちょっと余裕のある会社には相談窓口があったりします。会社でストレスフリーに仕事に打ち込んで欲しい、ストレスに負けないでほしい・・・というのが建前す。

建前と言ったのは、あまりに口実めいているからです。

そもそも、相談窓口の大半は人事部か総務部だったりするのです。そこに不満を訴えたところで解決するのでしょうか??

私の経験上、相談窓口に行ってしまった時点でゲームオーバーです。

 

 

若手からこんな話を聞いたことがあります。

相談窓口に連絡したら人事部だったんですよ。そしたら自分の上司に改善命令が出て一発で自分だと特定されちゃいましたよ・・・。守秘義務もあったもんじゃないっす・・・。

相談に行ったら、人事部や総務部は相談した人についてデータを取ります。「あーこの人、ストレス溜まってるんだ。いつ辞めるかわからないからなー。リストラコース決定🎵といった具合に、出世させるか否かの判断材料にしかならないことが大半です。

某広告会社の死亡事故レベルはそうそう起こりませんし、そもそも企業内部は決算を除いてほぼブラックボックスです。

つまりは、いくらでも誤魔化せるのです。死亡事故出した会社も別に潰れてないですからね…なんかルールを設けたらしいですけど、所詮その程度です。

 




 

先日、Twitterでもコメントいただきましたが困ったら相談窓口というのはトラップに引っかかりに行くようなものなので、私は勧めません。

外部の機関がベストだと考えます。ググればこの手の救済機関は必ずあります。ビジネスチャンスですからサービスもいいはずです(^^)

これに関しては色んな方の意見を聞きたいところですな(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です