若手の愚痴  ~あんな先輩は嫌だ!!~


老害のみならず、困った先輩もいるから困ったものです。

頑張っている若手もいる一方で、残念ながらしょうもない若手がいるのも事実です

その原理を事実をもとに考えてみました。

若手のタレこみによると、「困った先輩は社内や社外講習に行くと、態度の悪さが際立つ」といった面がみられるそうです。

 

この事実から考えるに、新しい知識を得る、あるいは習いに行く時に人は謙虚さを失いがちです。

昨日までの慣れた環境であぐらをかいていた、心地の良い状況をすっぱり忘れられないのでしょう。

そのような方は仕事ができるか否か以前に仕事が来ないでしょう。

世間一般では、良い奴ほど人に物を教える業務が振られます。

教えることを通して、知識の定着やおしゃべりスキルが上がったりといいことずくめです。(ついでに会社に頼られますし、クビ候補には間違ってもなりませんなwww。)

 

 

嫌な奴にはそのような仕事は来ません。

本来、人に物を教えるチャンスは人から依頼されない限り来ないものですプレゼンの依頼も第三者からの依頼が圧倒的です。

それが無くなるのは圧倒的にマズイです。まずリストラ候補になりますし、人生もつまらなくなるでしょう。

社内での空虚感も頂点に達し、ストレスフルな生活になるのは決定的です。

 




 

うん。一般人大好きな大過ない人生が待っているのです。

困った先輩は大抵こうなります(笑)。

人柄や態度が仕事に及ぼす影響は計り知れません。

先輩さんたちが地雷を踏まないことを切に願いますwww ←他人事ww

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です