若手の愚痴 謝罪されると老害は態度がデカくなるwww


大好評 若手の愚痴ですww。

今回は老害に振り回された挙句、謝罪させられた若手からのタレこみです。

老害の命令や判断が若手を苦しめることはしばしばあります。

しかし、老害はその現実を直視しません。

あたかも「自分は正しい」「若手のことを思って」などもっともらしい事を言って、守りを万全に固めて責めてきますwww。

実際に若手に響いているかといったら全然響いていないのですから笑えますねwww。

 




さて本題。

若手君は何か勘違いして事態をややこしくしてしまいました。

そのことについて謝罪をしました。

謝罪相手から「厳しめに接してきたのに~」「そのような態度なら今後の対応も考えていかないと・・・」といった具合に教育者ぶった大変ありがたいメールが届いたそうですwww。

私ならすぐ削除ですね。目に毒ですww。

しかも、ccに人事の人も添えているあたりウザいですね(笑)。何のつもりなんでしょう??

 

 

とりあえず、ちゃんと挨拶して形だけでも報告はしておいたほうがいいです。

最低ラインさえ超えていればいいわけです。

メールでやり取りするときも

「社内で見かけませんでしたのでメールにて失礼いたします」の文言があればバッチリです。

*私もよく使います。

訴えてもいいと思いますww。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です