給料よりも配当金のほうがお得!!


同期や先輩後輩と飲みに行くとき、婚活中の女性とかが共通で気になる話題があります。

給与年収はいくら?

比較的お金に無頓着と言われている日本人も年収は気になるみたいです。

これは私にも聞かれる質問です。

当然はぐらかしますが(聞いてくる方は相当デリカシーがないですなww)、給与年収についての考えはあります。

 

 

給与年収:低ければ低いほどいい

理由は簡単で、日本は累進課税制度です。

会社で稼いだ分だけ税金を払わなければいけません。

そして、会社内での給与が上がるにつれて、責任やプレッシャー、そして何より拘束時間が増加する傾向があります。

(管理職が定時で上がるなんて実際ありえないですもんね・・・そういう文化嫌い)

適度な責任、適度なプレッシャーでたま~に残業するみたいなスタイルで私は十分だと考えます。

 




しかし、配当金はたくさんほしいです。

株式は売買益、配当益に対する課税は一律で約20%です。

ですので、資産からいただく配当金を大きくするようにデザインしておけば、結果的に手元にお金が残るのです。

(この手の資産は形成するのに時間がかかるので早期着手をお勧めします)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です