若手イジメ?? 残業制限はマズいかも??


働き方改革の影響か、残業を問題視して対処に乗り出す企業も出てきました。

私の身の回りでも話題になって来ています。

特に若手はこの改革には不満たらたらです。

私自身、「こりゃイジメかな~。」と思っています。

残業を少なくしていけば、企業としての生産性も上がり(業務量が同じならば)良いことじゃん!!って感じでしょうか??

 




理想を言ってしまえばその通りです。

しかし、労働者のモチベーションが下がったら生産性もなにもないのでは?と感じます。

実際問題、サラリーマンの皆様は残業代をかなりアテにしています。

嗜好品代、自分へのお小遣い、食事代・・・etc

なるほど、+αのお金が無くなると遊べないってことですな。

若手は、ましてや独り暮らしの場合ではお金はかかるものでしょう・・・。

(歳を取ったら医療費とかかかりますが)

 

若手こそお金の勉強が要ると感じるのは私だけでしょうか・・・?

 

↓バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です