心を強く持つための意識 ~私はかけがえのない私だぞ!~


老害から変な影響を受ける、あるいは潰されてしまう若手の多さには閉口します。

心の底から同情します。

そういった方は、なぜ老害が若手に執拗に絡むに至るのか学ぶ必要があります。

 

 

なぜ、若手が老害のターゲットになるかと言いますと「未熟ゆえに言うこと聞く可能性が高いから」です。

未熟者には確かに学習が要りますが、その相手は選べることを知ってくださればと思います。

 



 

話を戻して、老害にはおしなべて、君は未熟、俺の言うことは当然聞くでしょ?、聞かない?たわけが!!みたいな意識があります。

この前提は覚えておくべきです。

退社したら大した価値も生み出せない人に限って教育者ぶるので困ったものですな(笑)。

そして、老害はほぼ高圧的です。これは間違いありません。

合理的に考えられない程度の頭脳の場合、短絡的に解決を求めた結果、高圧的になる傾向があります。

 

 

若手の皆様。自分の人生なので、自分を主役において下さい。

仕事のスキルで苦しむならいいですが、嫌な方に頭を下げてまでしなくちゃいけないことは会社にはありません。

老害の代わりは必要ありませんが、若手の代わりは居ないのです。

我慢のしすぎはいい結果は生まないので、元気に過ごせるような人付き合いを選択しましょうね(^ ^)。

↓バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です