短期トレードはすぐ利益でなけりゃ失敗!! バリュー株について


若手にすご~く多い例を挙げます。

 

今すぐお金が欲しい!!

お金をガンガン動かして儲けたい!!

 

猛勉強する覚悟があるのなら、その願望は健全ですしYoshiakiは後押しを惜しみません。

しかし、大した勉強もせず、要領よくやって億万長者♬ってナメた考えをしている人が散見されるのでそういう話を聞くと嫌な気分になったりします。

歩合制の営業職に転職したり、副業で労働時間を増やすっていうのならわかります

 

ところが、上記の願望を叶えてくれる方法はあります。

それはバリュー株の売買です。

 


↑私の愛読書たちです。

 

簡単に説明します。

バリュー株は「本来の価値よりも割安で市場に売り出されている株式」です。

例えば、本来の価値が分かっていれば、何かのトラブル(今回のトランプさんの貿易関税が~っていう一連の動きでバリュー株は確実に出るでしょう・・・)によって価値が必要以上に下がった株を買うことができるでしょう。

 

儲ける構造は、

値下がりした株価が戻った(本来の価値に戻るということ)ら売る」

ことです。

つまり、基本的に買ったらすぐに株価が戻ってこないと失敗です。

 

しかし、バリュー株発掘は簡単ではありません

財務諸表が読める、チャート分析ができる、為替の上下が説明できる・・・etc….。

これだけでは不完全です。

(というか、できて当たり前です)

 




私の愛読書にも書いてありますが、基本的に会社の経営者の性格、人格、etc,,,といった表に出てこないことまで知ったうえで本来の企業価値を見定めなければいけません。

じゃあ、ネットや本で知ればいいじゃないか!とおっしゃる方もいますが、ネットや本で出回るころにはもうバリュー株としての旨みがない状態がほとんどです・・・。

誰も知らないからこそ、自分しか買っていないからこそ高い利益を受け取れるなのです。

 

 

バリュー株にはもう一つ難しさがあります。

低い値段で買うことになる

こうなったら、あなたはどう思いますか??

上り調子の株にみんなが群がり、みんながちょっとずつ儲ける・・・。

これが良くあるパターンです。

バリュー株を購入するということは、大多数と逆の選択肢を取るわけですから勇気が要ります。

素人目に見れば逆張りに見えます。

相当の調査力と確固たる意志が必要なのです・・・。

 

まとめますと、

 

・バリュー株は調査がまず難しい

・売買には勇気が必要

 

皆さんはどう思うでしょうか??

(*すっごく時間のある大学生の時にチャレンジしましたが、あまりの難しさに絶望し、辞めました・・・。バフェットさんマジリスペクト。)

↓クリックありがとうございます。バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です