スクワットでやってはいけないこと





スクワットにとんでもない可能性を感じているのは事実ですが、タブーを犯したら効果が期待できないのも事実です。

スクワットを行う際にやってはいけないことを紹介します。

ひとつひとつ説明します。

 

膝がつま先より前に出る

膝関節に過剰な負荷がかかり、長い目で行うと間違いなく膝を痛めることでしょう・・・。

つま先と膝の位置を揃えることは重要ですが、それ以上の問題になり得るのです。

皆さんも鏡を見ながらスクワットしましょうね。

 

おしりが膝より高い位置にある

これはすなわち前傾姿勢は良くないというこです。

極端に腿の裏の筋肉が硬かったり、全身の筋力不足だとこのような不完全な動作に陥るようです。

しゃがめないと大変なのです・・・。

 

背中が曲がってしまう

スクワットは本来、背中と上半身と下半身を連動させ、スポーツのパフォーマンスを高めることが期待できるのです。

背中の筋肉ってそういう働きもあるのです。

重要な体幹部分が鍛えられず、ただ苦しいだけになってしまいます。

呼吸だってしにくいですし・・・。

 

かかとを上げる

まず不安定になります。

この体制が続く限り、膝がつま先より前に出ることにつながってしまいます。

最初の問題に回帰するのです・・・。

 



 

 

スクワットするたびに心がけるのはポイントを抑えることと、タブーを犯さないことです。

せっかく良いことをしているのに効果が出なかったらもったいないですしね。

今後も勉強が要りますな(笑)。

 

 

↓クリックありがとうございます。バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 ダイエットブログ 王道ダイエットへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です