スクワットで動員される筋肉





スクワットはたくさんの筋肉を動員しますと言ったものの、身体どの部分かを詳しく書かないとわかりませんよね。

そこを重点的に書いていこうと思います。

よく全身運動と言われている(そこすらご存じない方も多い?)スクワットですが、しゃがむための筋肉、姿勢を保つための筋肉があるためそう言われています。

 

分けて説明したほうがわかりやすいので分けましょう♬

 

 



 

しゃがむ動作で動員されるのはハムストリングス、下腿三頭筋、大腿四頭筋、内転筋群、大殿筋です。

うん、下半身ほぼ全域です。

こりゃ引き締まる( ´∀` )。

 

しゃがむ動作、起き上がる動作の時、姿勢を保つために脊柱起立筋、広背筋、腹直筋が使用されます。

上半身の中でも大きな筋群を鍛えられますし、姿勢も良くなる・・・。

お腹の筋肉も使うから上半身も腕を除くほぼ全域です。

うん、こりゃ引き締まる( ´∀` )。

 

やっぱキングですな( ´∀` )。

 

↓クリックありがとうございます。バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 ダイエットブログ 王道ダイエットへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です