軽くスクワットしてみることのメリット 疲労の回復が早い





私はスクワットを一生懸命やることをライフワークとしています。

スクワットと徹底的に向き合い、人生が好転するかどうか見てみたいという欲求があります。

私はもともとはバスケットに勤しんでいた時期もあるため、トレーニングとしてスクワットを見てしまっていました。

 

スクワットをもっと多角的な視点から見てみようということで、今回の記事を書くに至るわけですが、私が注目しているのが

「程よいスクワット」

です。

 

 



 

10代のころの私ならこのような表現は甘えだと一笑に付していたでしょう。

取り合わなかったでしょう(笑)。

今はだいぶいろんな考えを吸収できるキャパを持てているのでこうして記事にかけるようになったのです。

成長のほどが伺えます(笑)。

 

きつい筋トレでなく、程よいという表現を使ったのは肉体的にも精神的にも追い込まないということを表現したかったからです。

 

では、程よいスクワットについて説明していきます。

 

疲労が残らない程度にスクワットを行なうことで血行が促進されます。

疲労がたまるということは、疲労物質が体内に滞留していることに他なりません。

 

ということはそれぞれの人の私生活において血行を阻害する原因を洗い出せれば、ほぼ完全に解決できると思います。

たとえば、OLさん。

同じ体勢で仕事しているのではないでしょうか?

お仕事でたいして動いていないのに夕方になると疲労感が大きい・・・。

 

こういった悩みは多いことでしょう。

この場合だと、デスクに座っているときは椅子と体の接置点(お尻と椅子)の欠陥は圧迫されて血行が阻害されます。

夕方に疲労感が大きい方は、押しなべて休憩時間も座ったままです。

血行を阻害する因子は物理的な圧迫の場合が私生活では多かったりしますので、そこに注目すれば解決策はおのずと見えてくるでしょう。

 

私が毎日の生活にスクワットを取り入れる理由はここにあります。

私は仕事柄デスクワークも多いので、血行を良くするという意味でも程よいスクワットは有効です。

血行が良くなりさえすれば、疲労物質も滞留することなく毎日いい感じに過ごせるのです。

 

割とシンプルでしょう??

再三申し上げる通り、全身の70%程度が下半身ですのでスクワットが最高のソルーションなわけです。

 

↓クリックありがとうございます。バナークリックがモチベーション( ´∀` )

にほんブログ村 ダイエットブログ 王道ダイエットへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です