Sponsored Link

 歯列矯正途中経過

ゴムかけ!マウスピース矯正第二段階♪【痛い治療です】

投稿日:2019年4月15日 更新日:


Yoshiaki
先日、矯正の途中経過を診断に行ってきました。

最近はプレオルソを入れたまま口を真一文字に閉じるのも楽になってきましたし、ちょっとは話せますし、舌小帯切除とうまい具合にリンクしてきたと思います。

今回は歯列矯正治療が次の段階に進んだ話をしたいと思います。

 

舌小帯切除についての記事をまだ読んでいない人はこちらをどうぞ( ´∀` )。

▼舌小帯切除についての記事

土屋太鳳もやった!舌小帯切除手術と費用、意外なリハビリとは?

 

 

ゴムかけ!マウスピース矯正第二段階♪

毎日のプレオルソ装着でそこそこの手ごたえを感じていた私にとってはうれしい一言が歯医者さんから告げられました。

歯並びが動く準備ができつつあるので、輪ゴムを入れましょう
歯医者さん

テンションが爆上がりです。

 

ゴムかけの実際の様子

お見苦しいかもですが、お口の画像をお見せします。

↑輪ゴムを入れるとこんな感じです。

写真の通り、ゴムかけとは歯と歯の間に輪ゴムを入れることです。

入れた当日は寝る時にめちゃめちゃ痛かったのを覚えています。

*私は割とスムーズに入りました。人によってはかなり入りづらいようです。

 

当たり前ですが、当時の私はゴムかけっていう治療に慣れていないので、身体が過剰に反応していたのかもしれません。

口が慣れるまでは、毎日の食事が苦痛でした。

 

マウスピース矯正をする際、ゴムかけをやっても良い状態とは?

そもそもプレオルソで歯が動く準備ができていないとゴムかけがスムーズにできないようです。

歯が動く準備とは、歯肉の状態が良い感じになった状態のことを言うようです。

歯肉が良い状態、よく耕された畑みたいな状態でないとゴムかけはできないらしいので、ちゃんとできて嬉しかったです。

 

しかし、パッと見た感じ、あまり歯並びに変化がないのが少し不安です・・・。

これまで割と激烈なアプローチをわが身にしてきましたので結果は出てくると思っていますし、出すつもりでいます。
(舌小帯切除や今回のゴムかけなど)

 

ゴムかけの変化を実感するのはもう少し先かな・・・

知り合いに「だまされたんじゃないの?」なんて言われて少し不安になっている自分が少し嫌です。

*こんな心の内もどんどん書いていきます。歯列矯正中は不安になるものです。

 

なにはともあれ、

歪んでいた歯並びがよくなるための準備ができた ということが実感できただけマシですね。

不安半分、ワクワクしますね(笑)。

 

歯医者さんから「意思がとても強い」とお褒めの言葉も頂戴しましたので、素直に調子に乗らせていただきます(笑)。

私は褒められるとすぐに調子に乗る人ですwww。

 

不意打ち!まさかの歯周ポケットチェック!




ルンルンだったそのとき、なぜか歯肉の歯周ポケットチェックが・・・。

 

なんですと??聞いてないけど??  ←内心慌てているww

心境は学校の抜き打ちテストのそれと一緒でした。

なぜ今歯周ポケットのチェックをするのかはわかりませんが、とりあえずやってもらいました。

 

マウスピースのおかげ?結果がすこぶるよかった!

なんと、結果がすこぶる良かった!!!!

歯周ポケットもだいぶ浅くなり、口内のコンディションも上がってきていました。

歯列矯正を行う前の4月にも行っていたのですが差は歴然!!先生もドヤ顔(笑)。

 

当然、気になるので質問します。

わけを説明してもらって納得しました。

 

【歯医者さんの考察】

プレオルソ装着に伴い、歯にかかる負担が均等に分配されて口内のパワーバランスがとれたためだと説明され、納得しました。

そういえば、もともと噛み合わせが悪かったんですよね・・・↓。

 

マウスピース矯正を終えたら、口内環境、心持ち、言動、何もかもがいい感じになっていることがモチベーションですな。

この画像を見て「昔は歯並び悪くて大変だったんだよね~」と言える日が待ち遠しいです。

 

【再確認】歯医者さんはやっぱり必要!

歯医者さんの言うことはよく聞いておくものですね(笑)。

毎回の通院で新しい発見をしています。

医学系の学校に通っている人や医療従事者にとっては常識でも、一般人にはそうではない事って山のようにありますよね( ´∀` )。

 

そんな医療常識のない私にとっては、歯と舌のコンビネーションって合理的で面白いと感じつつあります。

知っておくと得なことが多そうだな~と感じたので、たくさん学ぶ気が起きますね。

自分でもいろいろ調べてみようかなとちょっとずつ欲張りになってきました。

私ってゲンキンな人間ですな(笑)。

 

ゴムかけって痛いのか?経験者が回答!

結論から申し上げると、初日、2日目、3日目までは痛いです。

そこからは痛みは気にならなくなる程度になります(痛くなくなるわけではないです)。

気を紛らわすって意味でも、舌のトレーニングを続けるだけです。

 

【ゴムかけ】今後の流れ



 

  1. 輪ゴムを入れて一カ月待つ
  2. 輪ゴムを外してプレオルソをはめて一カ月待つ
  3. 適宜、前歯のふちをヤスリで削る

 

の繰り返しになります。

一カ月おきに何かアクションをしていき、体の反応を見る予定です。

歯医者さん曰く、「ゴムかけに慣れてきたら、かけたゴムが自然に取れるようになる」そうです。

歯列が整ってくると、起きる現象だそうですので楽しみに待つことにしましょう。

そんな日々のちょっとした変化も嬉しくなるから、ブログは辞められないですね( ´∀` )。

 

多少の痛みを伴いますが、我慢ですね( ´∀` )

No pain No gain ですな( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.