Sponsored Link

歯列矯正で得た学び

【Eライン出ました】~ボツリヌス製剤~マウスピース矯正新たな試み 

投稿日:2019年4月20日 更新日:


Yoshiaki
ボツリヌス製剤・・・聞きなれない言葉だと思います。

結論から言うと、顎に注射しました。

整形目的で使う人もいるようですが、私は歯列矯正の治療が目的です。

本日は、歯列矯正のためにボツリヌス製剤を使った話をします。

 

*ググりたい人は「ボツリヌス」で検索すれば出てきますよ。

では、参りましょう。

 

~ボツリヌス製剤~マウスピース矯正新たな試み

プレオルソを使った矯正も3段階に入りました。

先生も現状の口内状態に手ごたえを感じていらっしゃるようで、とても熱心になってくれています。(元々熱心でしたが(笑))

次なる一手はなかなか面白いと思います。

 

普段の会話や私の口回りの筋肉に注意してみると、

下顎に必要以上に力が入ってしまっており、口を閉じる筋肉が上手く使えていない

と診断されました。

 

本来、口周りの筋肉は発達させる必要はありますが、下顎はただぶら下がっているだけで特別強い力は要らないとのことです。

力が入ってしまっている方の特徴としては、エラのある方です。

(もちろん遺伝の場合もありますが、舌癖や力が入っていることが原因であるのは間違いないです。)

下顎に力を入れずにプレオルソを装着しても事態は好転しないので下顎の筋力を一時的に弱める治療を施すことにしました。

身体に下顎がただぶら下がっているだけという感触を覚えさせることが目的になり、そのまま引っ張ろうという考えで新しいアプローチを採用しました。


具体的には、ボツリヌス菌製剤を投与する治療法です。

 

ボツリヌス菌製剤を受ける前に

この治療法は保険外治療です(総額5万円です)。

ボツリヌス製剤投与前には歯医者さんから十分に説明を受け、十分に資料をいただき、理解し、納得したうえで行いました。

治療の前にちゃんと同意書を書いてやってもらいました。

下顎の筋肉を一時的に弱めるための注射であること、人間と相性の良い成分であること、半年間は毎日ストイックに口回りや舌の筋トレをやる必要があるということを学んで帰りました。

 

*これは整形手術ではありません。れっきとした治療です。

 

ボツリヌス菌製剤施術はこんな感じ

今回、下顎のシワがよってしまう部分に4か所注射をしました。

これで一回分、半年ほど効果が持続します。

 

効果が持続している間に「正しい口回りの筋肉の使い方をマスターすること」「プレオルソの装着の感触を適宜チェックすること」が課題です。

歯医者さん曰く「プレオルソ装着の感触がなくなるくらいなじんでくると良い」とのこと。

 

ボツリヌス菌製剤施術は痛いのか?




私はアゴでしたので、そこまで痛くはなかったです。

*当然、個人差はあります。

 

衛生士さん曰く、エラへの注射は大変痛いらしいですな・・・。

無縁でよかった( ´∀` )

 

注射後は、これと言って不便はなく、プレオルソ装着の時にだけ違いが観察できるとのことです。

口を閉じてみて、下顎に注目ですね( ´∀` )

 

ボツリヌス菌製剤施術後の様子

家に帰って、しっかりと口を閉じてみました。

注射後にプレオルソを入れて口をしっかり閉じても下顎にシワは寄りませんでした。

効果ありです。

この状態を追い風にしたいと思います。

状況が上向くとやる気が出るのは本当ですね( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.