Sponsored Link

 歯列矯正で得た学び

その日の内に歯垢を取り去る「除菌歯磨き」のやり方を完全解説!

投稿日:2019年4月29日 更新日:


Yoshiaki
全人類にとって、歯磨きは重要です。

そして、しっかり行えたかどうかは翌朝の口の中の様子でわかるそうです。

ネバネバした感じ、口の中が乾燥した感じ・・・

その状態、NGです。

日中に蓄えてしまった歯垢はその日のうちに取り去るべきです。

今回は、より良い口内環境を実現するために勉強した内容をシェアします。

紹介したいことは「除菌歯磨き」。

実践者として伝えられることを全てお話しします。

では、参りましょう。

 



正しい歯磨きのやりかた!

結論から申し上げると、

  1. プラークチェッカーで歯垢染め出し
  2. 染まった部分の色落とし
  3. デンタルフロスで歯間を磨く
  4. 歯ブラシ+フッ素ジェルで磨く
  5. 洗口液でフィニッシュ

 

これらをしっかり行えば、間違いなく次の日の朝はお目覚めバッチリです。

すがすがしい口内で始まる一日は良いものですよ( ´∀` )。

もちろん、朝に歯磨きはしないといけませんが(笑)。

特にデンタルフロスは気分が最高になります。

 

 

では、各項目ひとつずつ説明します。

プラークチェッカーで歯垢染め出し

▼Ci プラークチェッカー

 

使う量は一滴で十分です。

舌を動かして歯の表面全体にいきわたらせましょう。

ブクブクうがいをして吐き出して、色をチェックしましょう。

最近の染め出し液ってスタイリッシュですね( ´∀` )。

 

注意点

シンクに汚れがこびりつくことがありますので排水溝近くまで顔を地が付けて吐き出すのをお薦めします

プラークチェッカー使用前にリップクリームを使うと唇が着色するのを防ぐことが出来ます

 

👇amazonでの購入はこちら

👇楽天での購入はこちら

染まった部分の色落とし

染まった歯垢たちを歯ブラシで磨いていきましょう。

このとき磨く順番はルーティン化したほうがいいです。

(上歯列表面→上歯列裏面→下歯列表面→下歯列裏面)

 

人間はルーティンワークを多くこなすたびに「より早く、より正確に、より効果的に」なるので歯を磨く順番を決めるのはとても合理的です。

 

デンタルフロスで歯間を磨く

▼e-floss

 

こんなやつです。

ドラッグストアでも普通に売っています。

歯と歯の間には歯垢が溜まることもありますので、こういった専門の道具を利用しましょう。

こういった専門の道具に頼ることは歯磨きのレベルアップには欠かせません。

 

先ほどの繰り返しになりますが、この作業も巧くなることができます。

2週間くらいで誰でもプロレベルです。

磨き残しの最たる例が歯間ですので、デンタルフロスを使って歯垢除去率を上げましょう。

書籍曰く、通常の歯磨きより20%近く歯垢除去率を上げられるとのこと。

 

👇amazonでの購入はこちら

👇楽天での購入はこちら

歯ブラシ+フッ素ジェルで磨く

▼ConCoolジェルコートF

 

これは発泡剤が入っていなくてかつ研磨剤フリーです。

ただし味は超絶マズいです。

フッ素入っていますからね。

*ちなみに朝食の前に使っても問題ありません。味覚障害を起こす成分が入っていないからとのことです。

 

これを適量歯ブラシにとって、時間をかけて磨いていきましょう。

恐らくこれでプラークチェッカーの着色は落ちているはずです。

これで日常歯磨きのレベルとしてはパーフェクトです。

 

👇amazonでの購入はこちら

👇楽天での購入はこちら

洗口液でフィニッシュ

▼ConCoolF コンクールF

 

水と一緒に適量を滴下してブクブクうがいをしましょう。

フッ素が入っていますのでスースーしますし、爽快です。

お休み前の歯磨きのラストはこれで決まりです。

やった日から、グースカ眠れますね( ´∀` )。

 

👇amazonでの購入はこちら

👇楽天での購入はこちら

私が紹介している書籍曰く、この除菌歯磨きで咳、肺炎、不眠などが治ったとい例もあるそうです。

最近ぜんそくを発症してしまった方に教えてあげようかしら。

そんなことを考えるくらい、真剣にやってみる価値はあると思います。

毎日一所懸命やって、今もレベルアップに努めています。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.