Sponsored Link

口呼吸の有害さ

口呼吸が顔(見た目)に悪影響な理由【辞めたらEライン出ました】

投稿日:2019年5月11日 更新日:



Yoshiaki
このブログでは口呼吸を悪者として扱っており、口呼吸のデメリットを発信しています。

口呼吸を辞める理由をあげ続けて、鼻呼吸へのシフトを決断する人が増えたらうれしく思います。

今回は「口呼吸が顔(見た目)に悪影響な理由」についてお伝えしたいと思います。

 

口呼吸が顔(見た目)に悪影響な理由

結論から申し上げると、「口が開いていると印象が悪い」ことです。

口が開いていると、当然ですが、口から外気を取り入れることになります。

口がぽかんと開いている人を想像してください・・・。

 

なんか間の抜けた、だらしない印象ですね。

 

では口を閉じた場合をご覧ください。

なかなかシャープな印象ですね。

 

初対面で「あ、この人いいかも!!」ってなりそうですよね。

このように、口を閉じているか閉じていないだけで印象がめちゃめちゃ変わります

口呼吸が常習化していると、常に周囲へだらしない印象を振りまくことになります。

 

なぜ口が開いてしまうか



舌の筋力が弱い」の一言に尽きます。

下顎が下方に落ちていかない限り、人間の口が開くことはありません。

構造上、そうなっています。

 

下顎について歯医者さんから聞いたことを共有します。

下顎はただ ぶら下がっているだけで、下顎そのもので口を閉じることが出来ません。

そこで、下顎を引っ張り上げる役割を果たすのが、です。

舌を上顎にぴったりつけて(スポットといいます)下顎を適正な位置で固定するのが健全なあり方です。

要するに、下顎に力を入れるなってことになります。

 

どうすれば口が開かなくなるのか

舌を鍛え、適切な常駐位置を訓練して覚えさせ、キープするだけです。

さらに口を閉じるために唇周りの筋肉を鍛えることも重要です。

1日や2日で解決することではありませんので、継続が必須です。

 

 

口呼吸を辞めたら・・・

口呼吸から鼻呼吸へとシフトしていくことになるでしょう。

そして間違いなく、顔の印象がシャープになります。

印象が上がったら交友関係も上向くことが予想されます。

また、フィルタリングされた空気を取り込むことになるので脳や内蔵にも良い影響を与えます。

本来、鼻から取り入れた空気を体内へ取り込むのが正しい営みです。

 

つまり、口呼吸を辞めて鼻呼吸になると、見た目と頭が良くなり、健康になるのです。

これは口呼吸をさっさと辞めるしかないですね。

どのくらい見た目に影響があるのかを動画にしましたので、興味のある人は見てくださいね( ´∀` )。

 

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.