Sponsored Link

 カッコつけない節約術

3年で貯金200万円を”楽しく”できた理由【収入源:アルバイト】

投稿日:2019年6月19日 更新日:


Yoshiaki
私は、大学生の時に200万円貯金しました。

更に言うと、その期間は楽しかったです。

今回の記事は、節約の重要性は分かっているけど節約することが楽しくない、なんのために節約すればいいのかわからない人向けの記事です。

そんな人たちには以下の考え方を持ってもらうと効果的これからお話しすることが役立つかもしれません。

軽く種明かしをします。

結論から申し上げると、株式を買うために節約すると楽しいから皆さんもやってみましょう!ということです。

え?どういうこと?って思った人は読み進めてみてください( ´∀` )。

 

節約をして株式を買う生活は楽しい!

昔、株式投資を習った師匠の考えを書きます。

資産性のない買い物は心地良い!

この考え方が心地よくて、かれこれ10年以上このスタイルを続けています。

資産性のない買い物は、負債を伴うもの、気分が良くない無駄遣い、買った値段よりはるかに値下がりするなどが上げられます。

具体例を示すと、長期間の住宅ローン、ポンドでFXをする、ブランド品だけどダサい商品を購入したとかありますね( ´∀` )。

このブログを読んでくれた人は、やってはいけませんよ(笑)。

 

では一方で、資産性のある買い物って何なのか説明します。

株式やFX、仮想通貨など、買った時よりも値段が上がるお買い物がお得だなぁと思うからです。

あと所有するだけでお金がもらえるのも資産性があっていいよなぁとも考えてもいました。

配当金なんかそうですよね。

これってすごいことのように思いました。

 

なぜなら新築一戸建ては買った瞬間に値下がりするのが一般的ですし、買った=値下がりは確実 という常識を無視できるのが楽しかったのです。

*海外の物件は、中古物件でも5年後に価格が爆上がりするケースもあるそうです。

買い物の常識を無視できる最たる例が株式の保有です。

日本人なので、入り口は日本株式です。日本株式を保有するには最低でも1回の買い物で100株以上買わないといけません。

私が買うのは米国株式。

米国株式なら1株から購入可能ですので少額節約して、その分購入なんてことが可能です。まとまったお金のない人にはありがたいシステムですね( ´∀` )。

ポジショントークに聞こえるかもしれませんが、節約して資産を買う行動は誰にでもできます

 

インターネットの恩恵を誰でも受けられる時代ですので、これを機にネット証券口座を開設してみてはいかがでしょうか( ´∀` )

株式をもって配当金を得るって素敵なことですね。

 

どうですか?節約を頑張って株式を持ちたくなりませんか?

 

私はこの買い物が心地よくて、3年ほどバイト代を節約して株式を買い続けました。

その額、200万円。

つまり200万円以上貯金したことになります。

 

ここから先は、今でも自分でやっている節約例を書いていきます。

 

節約例1:髪は自分で切る(セルフカット)



美容室に行ったりすると3000~5000円程度はかかるものです。

カラーリングやパーマとかするともっとかかりますね。

頻度は人によりますが、年間で数万円程度はかかることでしょう。髪を切るだけで数万円です。

 

私はここを削ります。

そのためには短く切るためのハサミと毛先を整えるためのハサミを購入する必要があります。

よくある安いやつ

 

私の知り合いが使っています。私も24歳くらいまで使っていました。

安いものですが、全然大丈夫です。

お試しとして使ってみるのもいいですね( ´∀` )。

 

私の使っているやつ(ちょっといいやつ)

 

Amazonでの購入はこちら

高いだけあって持ちがいいです。切れ味が数年間はキープされますのでお勧めです。

セルフカットについてはYouTube検索すると色々出てくるので切り方についてはそちらを参照してください。

鏡の前で慎重に切りましょうね。

*髪の毛はまた伸びるので失敗しても気負わないようにしましょうね( ´∀` )。

 

ハサミに加えて私はバリカンも使っています。何回もやっていればバリカンもそのうち慣れてきます。

セルフカットはやればやるほど上手くなるので節約志向の人にもバリカンはおすすめです。

ツーブロックの髪型にすれば、清潔感も出ますし会社員にも◎です。

 

節約例2:珪藻土バスマットを使う

↑これは自宅の足ふきマットで、珪藻土バスマットを採用しています。

これはとても乾燥しやすくて、手入れがほぼ不要です。

2年に1回紙やすりでならしたくらいです。

これを導入するだけで、確実に洗濯物は減ります。布製の足ふきマットを持つ必要がなくなるからです。

 

メンテナンスは、寝る前に珪藻土バスマットは壁に立てかけておきさえすればいいので、付き合い方もとても簡単です。

(写真を参照ください)

ビジネスYouTuberのマコなり社長さんも一押しのアイテムですね( ´∀` )。

 

節約例3:洗濯機はレンタル

私の自宅の話になってしまいますが、洗濯機は借りています

理由は二つあります。

  • 単純に買うと高い(資産性がない)
  • 賃貸物件に住んでいるから

一つ目についてですが、洗濯機は場所をとることに加えて高くは売れませんし、所有するとお金がもらえるわけでもありません

ですので、私は洗濯機の所有は合理的ではないと判断し、借りることにしました

あと、私は賃貸物件に住んでいますので、永住するわけではありません。

と言うことは、引っ越しが前提です。

借りているものであれば引っ越すときに返せば良いだけなので、フットワークは必ず軽くなります

 

以上、節約例でした。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.