sponsored link

FX 年金払われない世代向け

精神が「フラット」な状態でトレードすべき理由

投稿日:2019年7月18日 更新日:


会社員トレーダーは増えています。そして皆さん、「裏ワザ」や「手法」の取得に余念がありません多くの投資家やトレーダーが仰るように、永久に通じる手法は存在しないのでマインドを鍛えるのが王道になっています。為替市場や値動きの仕組みを理解し、「優位性」に乗っかるしか勝つ方法はないのです。

本日は「フラット」な状態でトレードすべき理由についてお話します。少し複雑なお話になると思いますので、ゆっくりと読み進めていただければと思います。

まず始めに、精神の構造についてお話します。

精神の構造について



まずは、精神には3段階あります。

*会社員トレーダーとしての経験則です。しかし、あながち間違いでもないと考えます。

  • 高揚
  • フラット
  • 低調

なんとなく想像は付くでしょうが、軽く説明します。

まず高揚。気分が大きくなり、前向きな状態です。好奇心旺盛で、精神に引っ張られ、肉体的にもアクティブです。

次にフラット。基本的に何が起きても平常心な状態です。少々のことでは慌てない、地に足着いた精神状態というのが適切でしょう。

最後に低調。何らかの原因で気分が落ち込んでいます。救われるものが目の前にあったら真っ先に飛びつく精神状態です。

低調状態のときに私がやっていることをシェアします。

参考になれば嬉しいです。

気分を上げるには

  • 筋トレ
  • プロテインを飲む
  • 自転車
  • アーモンドなどのナッツ類を食べる

がおススメです。

(健康にも良いのでやりすぎてもおそらく大丈夫です)

トレードの話の前に:精神状態の重要性

生活をしていくと、どうしても何かが起こり精神状態に変化が出てきます。精神状態によって行動が変化し、結果が良くなったり悪くなったりします。それだけ、精神状態が行動に与えるインパクトは大きいです。

日常生活でよくある例で2パターン、説明します。

①質問:すごく好きだったものが何かの拍子で凄く嫌いになることってないですか?

精神が高揚した状態は幸せです。ものすごい好きなものが近くにあるというだけで、高揚した気分になります。しかし、高揚状態はもろいです。

好きなものに関して、何かがっかりするようなことがあると、一気に精神が低調な状態になります。

そして、好きだったものを無意識に避ける行動を取るようになるのです。さらに、否定的な目線で見つめることにもつながり、正当に評価できなくなります。

(例えば、ある車メーカーが大好きだったが、不祥事で一気に嫌いになるなど)

②恋愛で例えるともっとわかりやすいですね。

優しそうな人で好意をいだいていたが、裏で汚いことをしていて幻滅した。みたいな感じです。よくありますね。

そうなると、好きだった気持ちを裏切られた気分となり、落ち込んで元気がなくなり、日常の言動にまで悪影響が及ぶのです。

(後ろ向きな発言が増える など)

このように、人間の心理状態は言動にまで影響を及ぼします悪い方向に転んだら悪い結果しか待っていませんよね

これをトレードに当てはめたらもっと恐ろしいです。

では、フラット以外の精神状態でトレードをしたらどうなるのか深めてみましょう。

(*私の実体験です)

なぜフラットな精神状態以外にトレードしない方が良いのか

結論から申し上げると、1回目のトレードでうまくいっても、次にデカい損失を被る可能性がある」からです。

それでは、精神が高揚状態、低調状態の2パターンでお話します。

高揚状態




人はトレードで利益を出すと、自分の実力を過大評価します利益確定後、周りに人がいて「凄いね!」って賞賛される環境の人はまず居ませんしね。自分で自分を褒める人が大半です。このような「 無駄な」高揚感でロット数、エントリータイミングをミスりその結果、損失を出して目が覚める、というのがパターンです。

高揚状態は一見、理想的に思えますが、向こう見ずになってしまう嫌いもありますので、トレードをするときの精神状態としてはふさわしくありません。

フラットな精神状態はエントリー、値動き対処、決済タイミング、すべての反省をきっちり行なうことができます。トレードするならこの精神状態のときがおススメです。

低調状態

精神が低調状態のときに陥りがちなのは、「トレードをして、利益を出して、気分を上げよう!」みたいな思考が生まれることです。実際その通りになればいいのでしょうが、失敗したときはより落ち込み、トレードの反省もままならないでしょう。 救いを求める発想を持つと、人は短絡的になるので気分が落ち込んだときにはトレードをしてはいけないのです。

よって、精神がフラット状態のほうが他2つよりもベター、という考えに至っています。実感ですが、フラットな状態のトレードは再現性がかなり高いです。事実、損切りが素早く出来ますし、利食いするときも焦りません。精神の構造を自分なりに理解していくとポジティブな結果が出るものですよ。

まとめ

精神がフラットな状態でエントリーし、フラットな状態で決済するのが一番良いです。トレードの過程、結果をしっかり反省でき、結果がぶれませんから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

sponsored link

sponsored link

フォローする

-FX, 年金払われない世代向け
-,

Copyright© Yoshiakiブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。