Sponsored Link

 貧乏を避ける生活

お金の使い方3つと最強なお金の使い方についてお話しします

投稿日:2019年7月22日 更新日:


Yoshiaki
人は誰でもお金を使います。

貧乏な人も、富裕層も、普通の人もです。

私は貧乏を避けるためにお金の使い方について学習し、実践してきました。

その甲斐あって、大学卒業時にアルバイトだけで200万円貯金できました。

 

今回はお金の使い方を3つ紹介します。

お金の使い方には性格があり、よく理解する必要があります。

お金の使い方に迷っている、よくわからない人は読み進めていただければ幸いです。

 

【揺るがない事実】会社員はお金の使い方”しか”コントロールできない



ちょっと前の記事でも書きましたが、「会社員は何にお金を使うか」は完全に個人に一任されています

お酒、たばこ、ギャンブル・・・使い道は無限大です( ´∀` )。

 

お金の使い道を間違えたら貧乏になりますが、その逆も普通にあり得ます。

自分でコントロールできる部分が「お金をどこに使うか」のみですので、お金の使い方には習熟しておく必要があります。

ではお金の使い方について説明していきます。

 

お金の使い方は主に3つ!

お金の使い方は主に3つあります。

  • 投資
  • 消費
  • 浪費

ひとつずつ深めていきます。

 

投資

簡単に言うと、お金が減らない、あるいは増える方向にお金を使うことです。

調べてみると、意外とたくさんあります。

お金持ちがビンテージ付きのアイテムや株式投資をするのは、お金が減らない、むしろ増える可能性のある分野にお金を使うことに意味を感じているからです。

 

「どこに投資をしているか」というよりも「いかにお金を増やすことにお金を使えるか」の方がよほど大切です。

大抵の会社員はそこまでお金持っていないでしょうから、心がけくらいしか真似できることがないのです。

だったら真似をするしかないですよね( ´∀` )。

お金持ちの心構えや、何にお金を使うのかはとなりの億万長者 ― 成功を生む7つの法則に詳しく載っています。

興味がありましたらぜひ読んでみてください。

 

消費

生きていく上でどうしても発生する出費」のことです。

いわゆる、生活費です。

具体例をあげたら、想像しやすいかもしれません。

食費、通信費、家賃、光熱費・・・・etc

 

基本的に生活に必要なお金なので削れないところですので、消費を削って節約することはやめましょうね( ´∀` )。

面白い話ですが、健康的な食糧のほうが安いことがあったりします。

米 ⇒ 玄米、オートミール といった感じです。

 

これは私の経験談ですが、食費を削ったら間違いなく反動が来ます。

もともと食費が少ない人は良いのですが、食べるのが好きな人は要注意です。

食費を削ったら、それがストレスに発展します。

そして、ストレス発散のために爆食いをしてしまい、体重と出費が増えてしまうのです。

その事実に打ちのめされ、「私は節約できないんだ・・・」って落ち込みます。

 

割と、あるあるです。

 

浪費



お金も生まず、かつ生活にも不要なことにお金を使うこと」です。

これについては例が無限にあります

私が普段、お金を使う時に自問自答する際の言葉をシェアします。

浪費かどうか見極める自己質問

 

「それ、なくても生活できますか?資産性ありますか?」

 

この言葉で大抵思いとどまります。

その甲斐あって、家はほとんど物がないです。

 

「低リスクな投資」の割合を多くすることの必要性

ポジショントークになりますが、米国株式に投資することが低リスクな投資になります(もちろん自分で調べる必要はありますが)。

会社員と米国株式が相性抜群な理由

年利で4~6%を年ごとに積み上げていくイメージでコツコツと時間が経過するのを待つのは地味です。つまらないです

しかし、確実です。

毎月安定した固定給をいただく会社員らしく、確実な道を通るのも悪くないと思います。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.