Sponsored Link

愛する所有物

黒Tシャツ(UNIQLOのエアリズム) 固定する私服に選んだ理由

投稿日:2019年9月3日 更新日:


Yoshiaki
毎日着るものにストレスは感じたくはないものです。

特に、肌に密着する服に関しては。

この考えのもと、私は私服を制服化しており、年間通して快適に過ごせる服を選んで着ています。

今回は、固定する私服をどうやって決めたか、その私服を長年着てどんな感じかについてお話したいと思います。

ではまず、私の性格から分析していきましょう。

 

はじめに:自分の性格&体質を分析

私はこんな性格&体質です。

  • 汗っかき
  • マメではない

オシャレになるには、あまり恵まれてはいなさそうですよね( ´∀` )。

まあ、しょうがないです( ´∀` )。

ここで性格や体質をわざわざ分析するのは、自分に合った服を着るためです。

当たり前じゃんって思う人もいるかもしれませんが、やっていない人は大勢います。

 

「着たい服を着る」って人は要注意です。

雑誌とか読むと、モデルさんや俳優さんがカッコよく決めていますよね。

憧れて、その服を着ようとすることってよくありますよね( ´∀` )。

これが良くないです。

 

すべてのケースが良くないとは言いませんが、服に自分を合わせたら、遅かれ早かれストレスが溜まります。

他人に影響された服が、自分にピッタリだったってケースはマジで珍しいです。

自分の性格や体質に合わせて服を選ぶほうが絶対いいです。

そのほうが、幸せに繋がる確率は高いですから。

 

では、本題に入ります。

私が普段着として採用している衣類を紹介します。

 

黒Tシャツ(UNIQLOのエアリズム)

メッシュ素材速乾性です。

そして色は黒

本来の用途は肌着なのですが、私は夏場でもこれ一枚で外出します。

(手前味噌になりますが、スタイルが良ければこれ一枚でも様になります)

汚れが目立ちにくく、かつ 洗濯→取り込みまでが非常に楽です。

多少ぞんざいに扱ってもシワが寄りにくいのもいいですね。

 

私にとっては相棒なので、ぞんざいに扱うことはあり得ませんが(笑)。

 

👇自分に合う服を選んだ詳しい経緯私服の制服化の方法について詳しく知りたい人はこちら

私服の制服化の経緯を理詰めでお話しします【全身黒のミニマリスト】

 

エアリズムを4年以上着続けた実感




4年以上着ていると、「飽きないの?」「ほかの服は着たくないの?」と聞かれます。

私はスタイルが比較的良い方なので、オシャレはそれなりに楽しいはずです。

しかし、私はオシャレよりも、ミニマルな生活のメリットをたくさん知っています。

服を多く持つデメリットより、私服を制服化した時のメリットの方が大きいので今日まで続いています。

 

またこんなメリットもあります。参考までにどうぞ。

エアリズムを着続けて感じたことを列挙しますと、

  • 劣化がわからない
  • 汚れがマジで目立たない

といったことがあげられます。

 

エアリズムの品質が素晴らしいこと、私の肌が鈍感(?)なことも手伝ってか、4年経っても着心地が悪いといったことは起こっていません。

見た目が問題なくて、機能性が優れてさえいれば、何年だって着続けます。

(私にとって服を買うことすら大変珍しいので、)

 

よく観察すると、糸が抜けていたりしますが近くに寄って、ライトを当てて、目を凝らしてみない限りわかりません

そもそも、他人は思った以上に人の服装を覚えていないという話をメンタリストDaigoさんの動画で学びましたので、気にするだけ無駄かな~なんて考えています。

 

当然、私だって(多少)人の目を気にします。

あんまり汚れててヨレヨレの白いTシャツは着たくはないです。

着ていて気持ち良くないですからね( ´∀` )。

私の厳しい審査を通過し、採用したものと長く付き合っているだけです。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.