Sponsored Link

 歯列矯正で得た学び

読んだら良い歯並びになりたくなる記事【お金と健康にプラスです】

投稿日:2019年12月17日 更新日:


Yoshiaki
私はマウスピース矯正をしています。

マウスピースに限らず、どんな方法であれ歯列矯正は長丁場です。

100万円ほどはかかるでしょうし、期間も数年はかかるビッグプロジェクトです。

ですので、途中で歯列矯正治療への情熱が冷えてしまうのは避けたいところです。

そのためかはわかりませんが、歯医者さんは常々私に「良い歯並びになるとこんなに良いことがあるよ」って話してくれます。

そのおかげで、未だに熱も冷めずに取り組めています。

歯列矯正をしようと思っている人には長期的なモチベーションの材料となること、歯並びが良くなると色々とお得ですよ~ということが伝われば幸いです。

さて、私は見た目のコンプレックスが概ね解消されるまで、2年半かかりました。

2年半の期間で、私がどの程度変わったかは以下の2枚の写真をご覧ください。

 

 

まあ、それなりに変わったわけです。今は次の段階に進んでいます。

歯医者さんから良い歯並びになる意義を習い、理解して矯正治療を継続しています。

歯並びコンプレックス普通の見た目にステップアップした後の話として、聞いていただければと思います。

今回は良い歯並びの意義について3つお話しさせていただきます。

 

良い歯並びの意義3つ

結論から申し上げますと、

  • 歯の治療効果が得やすい
  • 歯の管理が楽になる
  • ボケなくなる(らしい)

となります。

 

まず、良い歯並びがなんだかわからないって人は以下のリンクからご確認ください。

良い歯並びを目指す前に知っておくべきことだと思います。

私も歯列矯正を始める前までは、良い歯並びがわかっていませんでした。

目標となる歯並びを知っておけば、日々の生活にもハリがでます。

https://www.kobe-kyousei.net/nayami/nayami_check.html

👆参考リンク

 

では、ひとつずつ深めていきましょう。

 



歯の治療効果が得やすい

虫歯とか、歯のトラブルになったと想定してください。

理想的な歯並びの場合、万が一歯を損傷した際の治療効果を最大限得ることができます。

理由はそれぞれの歯が噛み合うと、それぞれの歯に均等に力がかかり、歯が壊れにくくなります。

そうなると、歯の被せ物の治療の効果が出やすいと聞いています。

 

治療の意義はその場しのぎではなく長期的な対策であるべきですよね( ´∀` )。

よくよく考えてみると、歯科医師さんの手で行われます。

そして、歯科医師さんは良い歯並びを前提に治療技術を学んでいるとのことです。

 

患者側の歯並びが良いと、歯科医師さんも治療がやりやすいことでしょう。

歯科医師さんだって、人間ですからね( ´∀` )。

なので、歯並びがガチャガチャな人は歯の治療の難易度が高くなってしまうので歯並びを良くしたほうが良いと思います。

 

歯の管理が楽になる

自分で歯磨きをするにしても歯医者さんでのクリーニングにしても、理想的な歯並びだと掃除がめっちゃ楽だそうです。

最近、少しですがその楽さを実感しています。

 

先ほども申し上げましたが、良い歯並びは事を簡単にしてくれます。

それってつまり、歯並びが悪かったら、歯磨きをしても歯垢を残しがちになってしまうということでもあります・・・。

歯並びがガチャガチャだと、歯磨きの難易度がMAXまで上がり、一生懸命歯磨きしても虫歯になる人は大体このパターンとのこと。

 

良い歯並びって整頓された部屋のようなものですね。

歯医者さんも人間ですからクリーニングが行き届かない事だってあるでしょう。

患者が出来ることは良い歯並びになって歯医者さんの仕事をイージーにすることです。

良い歯並びなら、歯医者さん側も仕事がしやすいと思います。

 

あと、口臭の原因を一個消せます。

歯並びが良くなると口臭が減る話

言うまでもないですが、手入れの行き届いた歯なら口臭はしなさそうですね。

手入れ次第で大きく変わるので是非口内ケアにこだわってみてはいかがでしょうか?

 

ボケなくなる(らしい)

これに関しては歯医者さんから聞いたお話なので参考までにどうぞ。

(歯医者さんの話ってことで最低限の権威性はあるかと思います。)

それぞれの歯に均一な力がかかっていると脳へ刺激がいき、良い影響を及ぼすらしいです。

これがボケない根拠とのこと。

 

良い歯並びでいることで脳に良い影響を及ぼすってことは、子供時代に矯正しておいたら良いんじゃないか?って思いますよね。

たしかに理想的な歯並びを実現している子供は知能指数が高い傾向がありますね。

美しい歯並びが印象的な美しい外見に頭脳も明晰だったら世間の嫉妬を買いそうですね( ´∀` )。

逆に歯並びがガチャガチャで飛び抜けて頭が良い人間を私は見たことがないです。

(↑塾講師の時に経験しました。)

 

もし比較をするなら、「歯列矯正をしたYoshiaki」と「何もしていないYoshiaki」を用意しないといけませんね(笑)

写真が無いので無理ですが(笑)。

 

歯医者さんをしっかり頼りましょう!

「よし、じゃあ歯並びを良くしよう」と思った人に知っておいてほしいことがあります。

 

それは歯医者さんと二人三脚で治療に励まないといけないということです。ひとりでは多分無理です。

歯並びを良くしたければ、歯医者さんに普段の生活などをしっかりお話しして普段のNG習慣を見直し、排除することが重要です。

自分の足で歯医者さんを探しても良いですが、評判の良い歯医者さんを選んで通うべきです。

扱ってきた症例が多い病院ほど、信頼しやすいと個人的に思います。

 

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.