Sponsored Link

厳選した愛する所有物たち

ヒゲ、ツーブロック男子にはセルフカットセット【ハサミ、バリカン】

投稿日:2019年12月21日 更新日:


Yoshiaki
なぜ私はセルフカットするか。

それは芸能人ではないからです。

なので見た目の維持、向上は2の次です(全くやらないとは言っていないw)。

さらに私は髪の量も少ないので、美容室に行きたくないです。

事実、美容師さん泣かせの柔らかい髪質なので、ワックスつけても髪形が決まらず、美容室内が微妙な空気になることが多いからです。

そんな背景もあり、道具をそろえてセルフカットをするようになりました。

本日は私の日用品として、セルフカットセットを紹介します。

加えて私の考えるセルフカットの合理性についてお話しできればと思います。

節約したい人、見た目にそこまでこだわっていない人はぜひ最後まで読んでいただければと思います。

ではまいりましょう。

 

セルフカットセット(ハサミ、バリカン)の合理性について

色々考えた結果、以下の3つが考えられます。

  • とても経済的
  • 続ければ、どんどんセルフカットは上手くなる
  • 清潔感の維持が割と簡単にできる

抽象的な表現が多いですが、ひとつずつ深めていきましょう。



とても経済的

美容室でクーポンを使う、床屋、1000円カット・・・安く髪を切る手段はたくさんあります。

しかし、お金は確実にかかってしまいます。

タダではありませんよね。

 

1000円カットならまだしも、美容室とかだとクーポンを使わなかったら一回のカットで3000円以上はかかりますよね。

(楽天のポイントを上手く使えば、無料で美容室へ通うことも可能らしいです)

しかも人間である以上、髪は伸び続けますので半永久的にカット代金はかかり続けます。

*ハゲたら、その限りではありません。

 

話をセルフカットに戻しましょう。

セルフカットの場合、お金がかかるのは初期費用ぐらいです。

👆セルフカットを始める人はこのくらいのグレードは持ちましょう

 

セルフカットセットを揃えると、大体4000円程度かかります。

だいたい美容室1回分です。

 

私はこれを大学2年生の時に先行してお支払いしました。

以降、髪を切りたいときに切る生活を10年近く続けています。

 

見落としがちですが、セルフカットは時間の節約にもつながります。

美容室へ通うとなると、以下のフローを踏むでしょう。

美容室に予約の電話 ⇒ 美容室に行く ⇒ 切ってもらう ⇒ お金払って帰る

セルフカットを選択すると、上記のフローのほとんどを省略できます。

 

自分で切る以外、基本的にすることはありませんからね。

美容室に行くこともなければ、美容師さんとお話しすることもなくなります。

かかる時間は人によってまちまちですが、早ければ15分程度でカット終了です。

私は修行の末、そのくらいで終わるようになりました。

そのあとシャワーを浴びるまでを散髪ルーティンとして確立しました。

 

私の実感ですが、美容室に言って楽しいと感じる人って少ないと思います。

そんな人ほどセルフカットの技術を身に付けるべきです。

まずは自分の髪を自分で切ってみましょう。

全てはここから始まります。

 

セルフカットはどんどん上手くなる

はじめたての頃は時間がかかりましたし、切り終えて鏡をみると左右差が出てしまいガッカリしました。

(私はでも、後頭部の右側が長くなる癖があるようです)

何か新しいことに挑戦するって、こんなものですよね( ´∀` )。

王道の出だしと捉えましょう。

 

しかし、1回目より2回目、2回目よりも3回目・・・といった具合に上手くなります。

そして、作業時間も短縮されます。

人間のもつ学習能力は大したもので、同じ作業ならどんどん要領が良くなってきます。

回数をこなすごとに短い作業時間で上手にこなせるようになっていきます。

清潔感の維持ができる

いつでもセルフカットできるということは、いつでも髪形を整えて清潔感を維持できるということです。

特に襟足やもみあげ回りをバリカンでカットする ツーブロックがおススメです。

清潔感の代名詞のような髪形として知られていますし、ちゃんとしている感じが簡単に出せるからです。

 

私の主観ですが、できる営業マンって大体ツーブロックを取り入れていますよね( ´∀` )。

ぜひ、デートやプレゼンの前日にセルフカットをやってみてはいかがでしょうか?

清潔感を整えると、翌日の気持ちは上がります。

頻繁に気持ちを上げて、人生のQOLを上げていきましょう!

 

*失敗したら気分は爆下がりでしょうが、死にはしませんので落ち込み過ぎないようにしましょうね。

 

セルフカットに必要な物

先ほど少し紹介しましたが、ここで改めて紹介します。

三種の神器です。

  • 新聞紙
  • セルフカットセット(ハサミ、バリカン)
  • ヘアバンド

新聞紙がなぜ必要なのかと言いますと、カットした髪の毛を受け止めるためです。

新聞紙は何回も使いまわすことができるくらい丈夫なので、ミニマルライフにもフィットします( ´∀` )。

私のようにツーブロックにしたい人はヘアバンドも揃えましょう。

100均のもので十分です。

ハサミやバリカン以外にコストを必要以上にかける必要はないです。

ヘアバンドは髪の毛を上げるだけ新聞紙は切った髪を受け止めるだけしか能力が無いわけですから。

 

節約したい!自分もできそう!って思った人はぜひ挑戦してみてください。

そんな人を私は精一杯応援します。

私と一緒に節約し、自分が幸せに感じることにお金と時間を使いましょう!

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    -厳選した愛する所有物たち
    -

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.