Sponsored Link

愛する所有物

ミドリ ミニマルダイアリーを2年使った感想【ミニマリストらしい手帳】

投稿日:2020年2月14日 更新日:


Yoshiaki
できる大人は手帳にこだわる!って言葉はよく聞きますね。

こだわりポイントは人それぞれですが、使い勝手の悪い手帳は嫌ですよね

さて、世間に出回っている手帳は、たいていゴツいです。

手帳の後半ページを見ると、路線図、メモスペース、その他付録ページ…正直要らないと思うページが沢山あります

大抵の人の手元にスマホがある以上、ちょっとした調べ物すら手帳で調べたりはしないですよね(^^)

手帳はあくまで予定を確認するためのものと考える人は、私と考え方が似ています(^^)。

そんな友達が欲しいものです(笑)。

そんな考え方の人に私の使っている手帳をシェアしたいと思います。

*本記事はちょっと変わっていて、おススメできない人の特徴についても触れていますので、最後まで読んでから必要かどうか判断してください。

 

ミドリ ミニマルダイアリーを2年使った感想

私は2年前からこの手帳を使い続けていますが、とても良いです。

2年間使い続けた実感を説明していきたいと思います。

実感としては、以下の2点をあげたいと思います。

  • B6サイズなので邪魔じゃない
  • 予定を確認する時間が最短で最速

ひとつずつ深めていきましょう。

 

B6サイズなので邪魔じゃない

まずはB6のサイズ感から。

B6サイズ:128㎜×182㎜

単行本1冊分くらいの大きさです。

そして薄さはおおよそ5㎜くらいです。

 

私は工場で働いていますが、作業着のポケットにも全然入ります。

なので、仕事の邪魔をすることはありません。

単行本程度の大きさでしたらほとんどのカバンには余裕で入るでしょうし、場合によってはポケットに入れることだって不可能ではないです。

ポケットに入る程度の大きさの手帳って、割と貴重です。

 

予定を確認する時間が最短

普通の手帳と比べてページ数が圧倒的に少ないので、予定の確認作業が楽です。

学生にしても社会人にしても、急に予定を確認しなければいけないことはあると思います。

アクシデントがあったときに予定を組み直さないといけないなんて、割とよくありますからね。

 

そんな時、ページ数が少ないほど、目的のページにたどり着けるスピードは速いです。

(Googleのスケジュールアプリより、確認作業は早いです)

スピード重視、生産性重視の人と相性抜群だと思います。

 

*普段からメモをたくさん取る人はおススメできません。あくまで予定の確認用の手帳だからです。

 

ちなみに私はメモを取る習慣はほとんどありません。

なので全く困っていません。

 

繰り返しになりますが、メモを取る習慣のある人はこの手帳はおススメしません。

メモを取りたいときに用意されていないので、ひたすらムカつくことになるでしょうから( ´∀` )。

気を付けてくださいね。



注意点:薄くて丈夫だが、丁寧に扱おう

万年筆すら裏抜けしないくらい丈夫な手帳ですが、薄いので丁寧に扱いましょう。

世の中、壊れないモノはありませんからね( ´∀` )。

 

2年ほど使用しましたが、普通のボールペンでページが破れてしまうことは無かったです。

なので、筆圧の強い人にもお勧めできます。

なお、手帳全体は薄いので、結構簡単に折れ曲がります。

折れ曲がるのが嫌な人は購入は辞めておきましょう。

 

よく聞かれること:無くさないのか?

結論を申し上げると、無くしません。

私はプライベートでも仕事でもモノが少ないので、モノを無くすことはほとんどないです。

モノが少ないと、適当に置いておいても目に付くんですよね(笑)。

なので無くさないです。

 

ミニマリスト界隈ではモノを少なくすると、管理が行き届きやすくなるためモノを無くしにくくなると言われています。

なので、ミニマルダイアリーを持ったところで問題ありません。

*できれば手帳すら持ちたくはないのですが、諸事情により泣く泣く持ち歩いています。

 

いざって時のためのカスタマイズ!

仕事や趣味のネタが思いついたら、書き留めておきたいものです。

私はメモを取る習慣は無いものの、気まぐれに思い浮かんだアイディアは書き留めておきたい都合の良い人間です(笑)。

 

そのため、A4の紙を何回か折ってメモ帳代わりにしています(上の写真)。

これはポケットに忍ばせる場合もありますが、通常は手帳に入れてあります。

手帳のどの部分にしまっているかについては次の章で説明します。

 

ちょっとした工夫

手帳の末尾ページに紙を張り付けています。

ここがポケットの役割をします。

ここに、先ほど申し上げた「折りたたんだA4の紙」を入れています。

 

原始的な方法ですが、このポケットは役に立っています。

ボンドと要らない紙で簡単に作れるので作業負担は少ないです。

カッコよく言うと、予定を確認するためのモノにメモ帳をしまっておける価値をくっつけた私のスペシャル仕様です。

  • 予定が確認できる最低限のページ
  • 末尾ページのポケット

私には、これで十分でした。

今後数年、このスタイルで走っていこうと思います。

 

必要な人は、買いましょう。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.