Sponsored Link

貧乏くさい節約術

【ノートパソコンはオワコンです】快適なパソコンを10万円以下で手に入れる方法

投稿日:2020年7月25日 更新日:


Yoshiaki
大学生の時はノートパソコンを使っていました。

持ち運ぶ用事が多かったからです。

しかし、社会人になると会社のパソコンを使ったりする事も多くなりました。

それに伴い、ノートパソコンの出番は激減です。

私に限らず、多くの人はノートパソコンを持つ合理性がありません。

にも関わらず、皆が使っているという理由でノートパソコンを買ってしまうのは、色々ともったいないです。

今回は、サクサク動くパソコンを10万円以下で手に入れる方法とノートパソコンがオワコンな理由についてお話しします。

 

 快適なパソコンを10万円以下で安く手に入れる方法

以下の条件に当てはまる人は読み進めない方が良いです。

  • 動画編集などパソコンを酷使する仕事をされている人
  • パソコンを持ち運ぶ機会が多い人
  • ネットゲームガチ勢

 

当てはまらない人は、どうぞ最後までお楽しみください。

 

結論:デスクトップパソコンを持て!

 

ここで理由が全部わかる人はこれ以上読む必要はありません(^ ^)。

気になる人はどうぞ読み進めてください。



【意外?】私の使うパソコンはデスクトップ!

私はデスクトップパソコンを使っています。

ポジショントークでは無いですが、大抵の人にはデスクトップパソコンのチョイスをおススメしています。

理由は3つです。

  • パーツごとに買い替え、カスタマイズが可能
  • ノートパソコンより安価にする事もできる
  • パソコンを持ち運ぶ人は少ない

 

1つ目はデスクトップパソコンの設備全体の話になります。

ディスプレイ、マウス、キーボード、デスクトップの4つでPCとして機能します。

つまり、どれかが壊れてしまったらそのパーツを買いなおせば良いのです。

ノートパソコンを毎年買い替えている人は、まだ使える部分があるのにも関わらず処分してしまうため、環境にもお財布にも厳しい事をしている自覚を持つべきです。

 

カスタマイズ性も高いです。

つまり、値段を抑える事と、自宅環境に合わせる事が可能という事です。

私は使っている机が狭いので、キーボードとマウスが一体化している製品、小さめのディスプレイ、HP(ヒューレッド・パッカード)のミニマルなデスクトップを使っています。

 

2つ目に関しては「パーツごとに分かれている事」がミソになります。

デスクトップは情報処理の心臓部なので、4万円以上はかけたいです。

*4万円でも全然快適です。

SSD(サクサク処理してくれる良い部品)が搭載されているモデルはありますし、私も使っています。

これらを買って94611円(税込)。

宣言通り、10万円以下ですね( ´∀` )4。

 

始めはデスクトップパソコンにも安いものがある事に驚きました。

なぜ値段が安いのかというと、デスクトップ「しか」売ってないからです。

私が普段から勤しんでいるプログラミング、ブログ執筆、動画鑑賞など支障はありません。

デスクトップ以外の部分は安く上げようと思うならいくらでも方法があります。

ディスプレイや外付けキーボードやマウスはリサイクルショップでも破格の値段で買えますし、ジモティーってサイトで外付け製品をまとめてもらう事も出来ます。

心臓部以外を安く上げられる事カスタマイズで使用環境に合わせられる事は非常に大きなメリットです。

 

3つ目は就活の時に感じました。

営業、研究、経理…色々な職種がありますが、パソコンを持ち運ばないと仕事が成り立たない職種は思いのほか少なかったです。

社会人になって初めにした事はノートパソコンを断捨離した事です。

私の仕事では、パソコンを持ち運びませんから(^ ^)。



ノートパソコンがオワコンな理由

  • 新型コロナウイルスの影響でパソコンを持って移動する必要性が減ってきた
  • ノートパソコンは「持ち運べるから」余計に高い

 

1つ目は皆さん感じている事でしょう。

新型コロナウイルスの影響で、世界中の人がテレワークをしていますね。

つまり、パソコンを持ち歩かず仕事をしなくてはいけなくなったのです。

新型コロナウイルスはいつ収束するか先が見えないですよね。

なので、通販が利用できるうちに快適なパソコンセットを買っておく必要があります。

テレワークに対応出来ない社員は、リストラの対象になる事は間違いないでしょうから…。

 

2つ目は持ち運ぶために取り付けた機能について考えるとわかりやすいです。

パソコンの中身を守るハードカバーや、折り畳むための間接部品、全部の機能をひとつの箱に詰め込むので労務費がかかっている事…挙げればキリがないです。

デスクトップにはこれがないです。

パソコン代が小銭程度の感覚の人は気にしなくても良いですが、多くの人は違いますよね。

家計からより多くのお金を吸い取ってしまう危険性が、ノートパソコンにはあるのです。



【参考までに】パソコンでやっている事

以下に示す事しかしない人は、上述のセットの購入をおススメします。

  • ブログ(読む、書く)
  • YouTube(コント、勉強、旅行など)
  • 投資(株式投資、FX、仮想通貨)
  • プログラミング(C言語、Python)

使用用途は多岐にわたっていると思いますが、パソコンへの負荷は小さめです。

(タスクマネージャで確認しました)

なので、よほどの事がない限り、パソコンの予算は100万円で見積もっています。

余ったお金で、株式でも買いましょうかね(^ ^)

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.