Sponsored Link

貧乏回避の知恵

心の安定を求めるには「業界の給与水準より少し給料が低い大手企業の正社員」が最適解である理由3つ

投稿日:


Yoshiaki
今日は就職の話をしようと思います。

「就職」といっても、目的は様々だと思います。

私の周りの例を挙げますと、

  • 寝坊しがちだから、会社に通う習慣が欲しい
  • ただ、お金が欲しい
  • 旦那候補に出会いたい

などがありました(笑)。

やはり、就職の同機は人それぞれですね。

私が人生で求めているのは心の安定です。

生活するお金に困るのも嫌ですし、嫌な人や物事に縛られるのも嫌なことはわかっていました。

なので、人生の岐路である就職活動でも、心の安定を最優先にして活動しました。

今回は、心の安定を求めるには「比較的給料が低い大手企業の正社員」が最適解である理由について3つほどお話しします。

完全ではないですが、多くの人から共感していただいた内容になりますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

では、参りましょう。

 

心の安定を求めるには「比較的給料が低い大手企業の正社員」が最適解である理由3つ

理由は以下の3つです。

  1. 福利厚生などがしっかりしている
  2. 比較的穏やかな人が多い
  3. 「給料安いし・・・」って言い訳が「キチンと」通用する

どれも結構魅力的に見えますね。

では、ひとつめから参りましょう。



福利厚生などがしっかりしている

就職したら、職場の近所に引っ越したり、出張を命じられたり、運悪くケガをしてしまったりと色々あるわけです。

福利厚生がしっかりしている会社は社員へのサポートも手厚いです。

なので、会社に生活環境を整えてもらったりすることだって可能です。

住宅補助とか、社宅とか、出張費は会社持ちとか、色々ありますよね( ´∀` )。

(私はその恩恵を受けています)

 

当たり前なことですが、会社は一般人よりもお金持ちです。

つまり、社員に還元できる程度のお金持ちとも言い換えることができます。

そんな親切なお金持ちが金銭面をサポートしてくれるので、心の安定をもたらしてくれます。

「普通に過ごして、普通に働いて、貯金できる環境」って凄く恵まれていると思います。

 

綺麗ごとなしで、お金があって選択肢が減るなんてことはないですから( ´∀` )。

サラリーマンである以上、親切なお金持ちには感謝しましょう。

そして、労働という形でお返ししましょう。

*ちなみに、正社員じゃないと福利厚生の恩恵にあずかれない可能性がありますので、事情が許す人は正社員になりましょう。

 

比較的穏やかな人が多い

大企業というと、とてつもないエリート集団の集まりと勝手に思っていた時期もありました。

もちろん、化け物みたいなレベルの社員はどの会社にもいることでしょう。

しかし、大半はそうではないです。

 

そもそも上昇志向があって、周囲との対立も恐れず、エリートな人って外資系とかインセンティブ付きの営業職に流れますよね( ´∀` )。

頑張った分だけ給料に反映される職業に流れていく傾向があります。

 

あるいは、持ち前のバイタリティを活かして起業する人もいるでしょう。

つまり、ガツガツしている人ほど、会社を早期退職してしまうケースが多いのです。

自分が成長するにつれて、どんどんステージを上げていくんでしょうね( ´∀` )。

 

では、会社に長く勤める人はどうでしょうか?

会社に長くいる人は少なからず安定志向です。

そんな人は、たいてい物腰も穏やかです。

貴方が困っても、理由をちゃんと話せば助けてくれますし、色々と気にかけてくれます。

良識ある一般人って感じの人が多い印象です。

特に地方の会社は、腹黒い人はほとんどいないです。

そこも良いポイントですね( ´∀` )。



「給料安いし・・・」って言い訳が「キチンと」通用する

これは、精神的にかなり大きいです。

若手にも関わらず、多額の給料を受け取っている人は、こんな風に思われることでしょう。

  • 上司:高い給料払っているんだから、休まず働け。結果も出せ。
  • 部下、後輩:給料高いんだからちゃんとしろよな。結果出さなかったら給料ドロボー。

給料が高いことが理由で、どうしても考え方が凝り固まってしまいます。

完全に環境のせいですね。

もっと厄介なのは、他人の考えることは自分でコントロールできないことです。

ましてや、社内で力のある人間が、そんな凝り固まった考えを持っていたら、出社するだけで地獄ですよね。

私だったら、速攻で部署移動or転職です(笑)。

*「出社手当」とかあっても無理です。

 

給料が業界の給与水準以下だと、上述の考えを論破する言い訳が堂々と言えます。

「自分、業界の水準より給料低いんで、その要求は無理ですね」

そして、その言葉が、思想の自由を守ってくれます。

ミニマルに過ごす方法がある程度わかっている現代において、給料が低いって武器だと思います。

そして、これからも私は、給料の低さを武器に、嫌な業務は断ります。

 

「比較的給料が低い大手企業の正社員」になって5年経った今は・・・

狙い通り、心身ともにゆとりがある状態です。

新型コロナウイルスの影響で外出は自粛となっていますが、私の生活パターンやスタイルはほとんど変わっていません。

出費をミニマルにしつつ、ネット活動(ブログ、プログラミングなど)や地方の自然をフルに楽しむ生活(湧き水、サイクリングなど)を楽しんでいます。

 

最後になりますが、心の安定を手に入れるための就職先はどんなところかをまとめます。

業界の給与水準を少し下回る、地方の大手企業 それが私の答えです。

そして、私はそんな会社で、働いています。

心の安定のために。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.