Sponsored Link

 ミニマリストのススメ

住む部屋が狭いと”強制的”かつ”順序よく”ミニマリズムが実践可能

投稿日:2020年8月21日 更新日:


Yoshiaki
ミニマリズムの実践は、私たちにいろいろなことをもたらしてくれます。

しかし、興味があるもののなかなか始められない何から始めたらいいかわからない、どう進めたらいいかわからない人もいることでしょう。

答えを先に申し上げると、「狭い部屋に住んでしまう」がはじめの一歩です。

これはかなりの荒療治でもありますが、ミニマリズムの実践にもっとも効果的な方法です。

今回は住む部屋が狭いと”強制的”かつ”順序よく”ミニマリズムが実践可能である理由をお話しします。

荒療治の内容が知りたい人、ミニマリズムを真剣に実践したい人はぜひご覧になってください。

ではまいりましょう。

 

住む部屋が狭いと”強制的”かつ”順序よく”ミニマリズムが実践可能な理由

理由を簡単に言うと、狭い部屋に住むとその環境にアジャストするということです。

「慣れる」は人間の持っている性質で、それをうまく利用することになります。

おそらく、大半の人にとって再現性のある理由だと思います。

それでは、部屋が狭いと何が起こるのか、その変化にどのように適用していくかをお話しします。

 

部屋が狭いと起こる事

私は昔、凄く狭い部屋に住んでおり(面積は後述)以下のことが起こりました。

  • 掃除がとにかく楽
  • モノが置けない
  • モノをストックできない

1つ目に部屋が狭いと掃除が楽です。

湿ったクイックルワイパーが乾ききる前に、床掃除が完結します。

私は掃除は好きですが、大抵のメンズは掃除嫌いですよね。

できればやりたくない人のほうが多いことでしょう。

 

部屋が狭いと、掃除しないといけない面積が減るので合理的です。

嫌なことは、なるべく避けたほうが良いですね( ´∀` )。

 

2つ目のモノが置けないことについてですが、派生効果が見逃せません。

必要以上にデカいものが買えなくなるので、買い物に慎重になる癖がつきます。

というか、ほぼ大きな買い物が不可能になります。

車は置けないですし、ピアノも無理って思いますからね。

(私の主観ですが、デカいモノほど値段が高いですよね)

人生全体で考えて、後悔する買い物をする可能性をギリギリまで下げることが出来ます。

 

3つ目のストックですが、ストックに関する過去の失敗例を交えてお話しします。

  • お菓子 ⇒ 賞味期限切れ
  • 靴下 ⇒ 存在を忘れ、同じモノを買ってしまう。
  • トイレットペーパー ⇒ 湿気って使い物にならなくなった

せっかく買ったのに、買ったものが役に立たない。

売れる状態でもない。

ましてや人様に差し上げられる状態でもなくなってしまったことがあります。

 

完全に死んだお金の使い方ですよね(笑)。

新型コロナウイルスが蔓延しつつある今の状況でも、必要以上のストックは持っていません。

【コロナの時期だから】モノをストックすることを考えてみた

 

【経験者は語る】恐らくはじめはキツイでしょう・・・

どんな分野にせよ、初めてすることは戸惑うものですし、うまく行かないことも相まってストレスも溜まることでしょう。

はじめは誰でも戸惑うものですね。

 

10年以上前の経験をお話しします。

当時私は大学生、17平米のワンルームに住んでいました。

洗濯機はかろうじて備え付きでありましたが、家具はほぼ無し。

必要最低限のモノすら無い生活が2カ月ほど過ごしました。

バイト代が入るまではマジで地獄でした

 

しかし、必要なモノすら無い生活のおかげで本当に必要なモノがわかりましたし、必需品に対して愛情が持てるようになりました。

モノと私の間に仲間意識が芽生えたと言った方が良いのかもしれません( ´∀` )。

部活動と一緒ですね。

 

アドバイス:人間はそのうち慣れる

良くも悪くも、人間は今いる環境にアジャストするものです。

超豪華な部屋も、何日も過ごしていれば驚きも感動もなくなっていきます。

そして、モノの少ない部屋でもいずれ慣れます。

 

慣れてきても全然落ち着かない人は、ミニマリストに向いていないのでやめましょう。

ミニマリストは、あくまでひとつの幸せの形に過ぎません。

狭い部屋の生活で心地よい人はそのまま突っ走りましょう。

 

私はモノの少ない部屋、狭い部屋が幸せの形ですので、このまま突っ走ります。

 

ミニマリズムは順序良く行なうと幸せにつながります

ミニマリズムを実践すると良いですよ~と言う人は多いですが、私は特に順番が大切だと思います。

前述の通り、ミニマリズムをミスなく実践するには

狭い部屋に住む ⇒ 不要なモノを減らしていく

の順序をしっかり守るべきです。

 

モノを減らしてからはトントン拍子で幸せに進んでいけると思います。

理由が知りたい人は、ぜひ過去記事をご覧になってください。

「モノを少なくする ⇒ ヒマ ⇒ 人生の幸せ」メカニズムを解説します

 

逆に、順序だててミニマリズムを実践しなかったらどこかで歯車が狂うと思います。

さっきの順序を逆にした場合を考えてみましょう。

 

不要なモノを減らしていく ⇒ 狭い部屋に住む 

 

を実践したら、捗らないでしょう。

狭い部屋に住んでいないと、「狭いからこれは置けないかな~」と処分を決定づける理由が1個減ってしまいます。

この理由は結構パワフルなので、断捨離すべきモノなのかどうか判断に困ることでしょう。

仮に断捨離が捗っても、あとから「部屋のスペース結構余っているし、買っちゃえ!」ってなるケースも多いです。

これって根本解決になっていませんし、ミニマリズムを実践したことで得られる幸せが手に入ることは無いでしょう。

 

また、真剣にミニマリズムを実践しないと人生迷子になります。

個人的には、ミニマルライフは目的のある人がやるべきだと思います。

そのことについても過去記事に書いていますので興味のある方はご覧になってください。

ミニマリストをよく理解せずに真似ることは危険です。【知り合いのケース】

 

物事を良い感じに進めていくには順序を守る事は大切です。

本記事で順序の大切さが伝わったら嬉しいです。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.