Sponsored Link

愛する所有物

ドイター製リュックの合理性をお話しします

投稿日:


Yoshiaki
私の背中に長年くっついている相棒を紹介します。

それはリュックサックです。

リュックを持っている人はたくさんいると思いますが、自転車乗り用のリュックを使っている人は なかなかいないと思います。

いきなり結論ですが、ドイター製のリュックは最高です。

今回はドイター製リュックの合理性についてお話しします。

あくまでも私目線ですので、私とライフスタイルが異なる人は、当然合わないと感じる事もあると思います。

では、参りましょう。



サイクリストを想定した構造

このリュックはロードバイクなど、スポーツバイクに乗る人を想定した構造になっています。

スポーツバイクに乗る人は、だいたい前傾姿勢ですよね。

そして、汗をかくことでしょう。

その状態を想像してください。

 

荷物を背負った状態で汗をかいたら、背中は気持ち悪いですよね。

道中、カフェに寄っても楽しくないことでしょう。

リュックを背負ってサイクリングはこういったリスクがつきまといます。

 

でも、このリュックは違います。

前傾姿勢で背中に風が通りやすい構造になっています。

 

YouTubeでも取り上げられていますね。

 

 

歩いていても背中に風が通る!

姿勢を正すと良い感じに背中に風が通ります。

この心地よさを味わいたいがために、姿勢良く歩く習慣がつきましたね(^^)。

これは予期していなかったぶん、嬉しかったです。

 

このリュックには歩く前からルンルンになる効果もあるようです。

私だけかも知れませんが(^ ^)

 

リュック用のカッパが内蔵されている!

これは便利です。

別々になっていないので、無くす心配もありません。

普段はリュックのポケットにしまっておけます。

 

学生時代は雨が降ると外へ出ませんでしたが、会社員はそうはいかないですよね。

ちょっとした雨でも外出しなければならない人も多いでしょう。

カッパがあれば突然の通り雨でも荷物は無事です。

 

私はびしょ濡れですが(^ ^)。

 

雨に濡れても乾きやすい

リュック用のカッパがあるとはいえ、リュックが濡れる事もあります。

このリュックはアウトドアを想定して作られていますので、部屋干しでも全然乾きます。

リセッシュして翌朝まで放置しましょう。

 

👇自宅ではこんな感じで引っかけています。

注意点:ノートPCの持ち運びには向きません!

私の知り合いの悲劇をシェアします。

彼はMacBookをリュックに入れていました。

徒歩で目的地に向かう道中、階段から転げ落ちそうになりました。

壁に背中を打ちましたが、手すりに捕まって事なきを得たそうです。

幸い、彼に怪我はありませんでしたが、MacBookは無事ではありませんでした。

 

液晶にヒビ、電源が入らなくなったそうです。

ドイターのリュックの防御力はそんなもんなのでしょう。

彼のようにパソコンをリュックに入れる習慣のある人は、そのニーズに合ったリュックを買いましょう。

あくまでこれは自転車乗り用です。

 

このリュックについて書いていたら、もっと好きになりました。

これこそ、所有物に関するブログ記事を書きたくなる理由です。

気に入っているアイテムなので、大事に使ってもう10年は使います。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.