Sponsored Link

 歯列矯正途中経過

アライナー交換。頬の筋力を鍛えると歯並びに良い影響があるらしい

投稿日:


本日は歯医者さんへ行ってきました。

今回の通院でアライナーをNo22⇒23に交換しました。

着々と良い歯並びへ近づいているので嬉しい限りです。

私の歯列矯正が着実に進捗することはコンテンツ的につまらないので、ここ最近治療経過をアップしていませんでしたが、今日はシェアしたいことがあります。

頬の筋力を鍛えると歯並びに良い影響があるらしいです。

これを本記事で説明します。

短いのでさっさと読めると思います。

 

頬と口の筋力のバランスで歯が並ぶらしい

歯並びの悪い人って隣り合う歯が重なってしまう人、歯と歯の間が空いてしまう人など様々です。

これって、口と頬の筋力バランスが悪いから起こるらしいのです。

 

歯列矯正中の人は良い歯並びになることが目的ですが、その後の維持もしたいと考える人が大半だと思います。

そのためには口回りの筋力をアップし、かつ連動性も良くしておく必要があると思います。

 

筋力ってことは、鍛えれば何とかできるかもと思ったので早速質問です。

どんなトレーニングがあるか聞いてきました。

 

 

歯列矯正後も歯並びを維持するためにやるべき運動

正確な名前はわからないので、動作を説明します。

まず、唇を内側に入れ込みましょう。

「ん~」の形です。

その次に唇を開けます。

その際に「パッ」と音を鳴らします。

まだ私は上手くできません(笑)。

これらの動作を上手にこなせるようになると、頬と唇のパワーバランスが整って、歯が綺麗に並ぶそうです。

大人にもお子様にもおススメです。

特に乳歯の生え変わり期のお子様にやらせてあげると良いかもしれませんね( ´∀` )。

ぜひご家族でやってみてはいかがでしょうか?

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.