Sponsored Link

 貧乏を避けるために

【株式投資】長期投資で陥った悪い心理状態、克服した経緯を完全解説

投稿日:2020年10月24日 更新日:


Yoshiaki
長期投資を始める人がネット界隈では多い印象です。

株式投資に関して職場の人に質問されることも、心なしか増えたような気がします。

株式投資はいきなり始めることができ、大抵のことはHPに載っています。

しかし、株式投資の心構えまではHPにアップされていません。

なので、株式投資に必要(と思われる)マインドセットについてお話ししたいと思います。

かくいう私も20歳から本格的に株式投資をはじめ、かれこれ10年以上になります。

その間、心理的に色々と揺れ動きました。

精神的に未熟者と言われたらそれまでですが、私の心に起こったことは、割と多くの人も同じように起こることじゃないかと思っています。

今回は株式の長期投資で陥った悪い心理状態、克服した経緯を説明したいと思います。

若い人や株式の長期投資を始めたばかりの人に「こうならないようにしよう!」と思っていただけると幸いです。

では、まいりましょう。

 

長期投資で陥った悪い心理状態

配当金をもらえると、うれしい気持ちになりますね。

だって私が動かずとも、勝手にお金が証券口座に入ってくるわけですからね。

そんな配当金の素晴らしさに酔いしれた結果、以下のような心理状態になりました。

  • 株式購入の使い道以外、全てが無駄遣いに思えてくる
  • 労働のやる気がなくなる
  • 人のお金の使い方にケチをつけたくなる

改めて ひとつずつ眺めてみると、マジでカスな思考回路ですね(笑)。

根っからの横着者で怠け者気質だと、こういう考えに至るようですww。

では、ひとつずつ、克服した経緯も含めてお話しします。



株式購入の使い道以外、全てが無駄遣いに思えてくる

これはなかなか自己嫌悪に陥りました。

目的の達成のために友達と遊ぶことや食べる事すら無駄に思えてしまい、ダークな期間を過ごしました。

そんな生活をしていたら、体調を崩すのは必然でした。

 

その時に電話をくれた友人がいて、体調を崩して数日寝たきりな状態だった私を助けてもらえました。

彼が自宅に帰った後に、泣くくらい感激したのを覚えています。

助けてもらえると思っていなかったぶん、嬉しかったのです。

 

この経験から、食事も自己管理の一環で責任感を持つ事、(当然厳選しますが)友人を大切にすると誓いました。

その後、私は株式購入以外のことにも寛容にお金を使えるようになりました。

大切なものは見えていますから もう大丈夫なはず。

*無論、感情に任せた無駄遣いは論外ですが

 

労働のやる気がなくなる

配当金の副作用かもしれません。

たとえ大企業にいても、「働かないとお金貰えないなんて理不尽だよな~」ってガチで考えるようになってしまいました。

なかなか重症ですね(笑)。

「働かないとお金はもらえない」って不文律が、配当金をきっかけにぶっ壊れる感じでした。

当時の率直な感想は、「あ。私はカスになりかけている・・・マズい!」でした。

 

社会人が働く意義を見出せなくなるのは流石にマズいと思ったので、本やYoutubeを見て働くモチベーションを上げようとしました。

そうしたら、プログラミングがアツいことを知りました。

 

色々な発信内容を見る限り、プログラミングを使って何か出来る人が少ないらしく、企業から厚遇されるとのこと(これがフリーランスエンジニアがおススメされる理由です)。

その時に感じたことは「あれ?この程度のことなら今すぐ出来るぞ?」でした。

(私はもともとC言語はわかっていましたし、WEBアプリも開発したこともありますし、WEBサイトも作れます)

 

これがきっかけで、私は機械制御エンジニアになろうと決心し、上司に社内プロジェクトを立ち上げてもらうに至りました。

現役エンジニアとして、どうすれば楽に働けるかを模索しており、その成果を発信しています。

👇文系理系問いませんが、特に技術職の人に見てほしいです。

メーカー勤務の会社員がPythonを頑張るべき理由4つ

 

もともとプログラミング自体は昔からありますが(C言語は1970年代には完成されていたそうです)、どうやら世間はプログラミングを最先端技術と見なしているようです。

そこで私は時代の最先端を行き、楽にコスパ良く働く決心をしました。

その方が人生楽そうですしね( ´∀` )。おかげで会社はそこそこ楽しいです。

配当金の副作用は、プログラミングが治してくれました。



人のお金の使い方にケチをつけたくなる

これは、もはやテロですよね。

罪のない人様に迷惑をかけるわけですから、言語道断です。

当時のダメエピソードをシェアします。

皆様は絶対にやってはいけません。

 

私の周囲に車好きな人がいました。

その人が新車を買った時に「なんて無駄なことを!」と思ったものです。

唯一の救いはその言葉を飲み込めたことですが、そう思った自分を嫌になりました。

*恐らく、実際に口に出していたら一生後悔したことでしょう。

 

あらためて言うまでもないかもしれませんが、幸せの形は人それぞれです。

そのことを車好きの友人から聞きました。

この経験から、一見無駄に見える買い物でも幸せに感じる人はいることを学びました。

その考えをじっくりわが身に落とし込んだ結果、人様の買い物を冷静に見つめられるようになりました。

 

車が好きな人は車を買い、株式が好きな人は株を買う。ただそれだけです。

 

今は配当金がもらえることを「当たり前」と認識できているから平気

この「当たり前」って感覚について説明させてください。

決して贅沢な状況の中にあぐらをかいているわけではありません。

勝手にお金が入ってくることくらいじゃ、心は乱れないよ」って状態になったということです。

人間、結局慣れが一番重要なのかもしれませんね。

 

普通に会社員やって、ちょっと最先端を取り入れて、お金の湧いてくる仕組みが傍らにある状況が、シンプルに心地よいです。

願わくば、お金の湧いてくる仕組みがもっと大きいと、より嬉しいのですが( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.