Sponsored Link

 貧乏を避けるために

10年以上継続した私が語る「株式投資を続けるための動機」

投稿日:


Yoshiaki
継続は力なりって、色んな世界でたびたび耳にします。

イチロー選手がよく言っていましたよね。

株式投資の世界では、福利効果を狙って長期で投資をすると億万長者になれる確率がアップするといわれています。

つまり、長期投資は勝率が高いといっても良いでしょう。

ここで質問です。

株式投資を継続するためには何が必要でしょうか?

たとえば「株式投資 メリット」で検索をかけると、素晴らしいサイトがたくさんヒットしますし、書いてある内容には非の打ちどころもありません。

にも関わらず、私の周りでは気持ちいいほど継続できている人は皆無です。

シンプルに株式投資のメリットを知るだけでは、人は続けることができないといえそうです。

今回は株式投資を継続するうえで、いかに動機が重要かについてお話しします。

私は10年以上、毎月株式を買い続けてきた実績がありますので強ち間違いでもないかと思われます。

では、まいりましょう。



はじめに:株式投資は動機がないと続きません!

株式投資に限らず、どの分野でも同じことが言えそうですね。

裏を返せば、明確で強い動機さえ見つけてしまえば継続のハードルは下がるということです。

その動機を、私の経験と共にシェアしたいと思います。

その話をする前に、知っておくべき不都合な事実について2点ほどお話しします。

 

【知っておくべき事実】小額を長期投資しても儲かりません

100万円とか、200万円レベルは株式投資では小銭に等しいです。

ましてや、数万円程度の額なら、無いに等しいです。

小額投資で得た利益は、基本的に生活を一変させるようなインパクトもありませんし、生活を助けてくれるほどのお金を生むこともありません。

実生活に、何らかの変化が欲しいならまとまったお金(数千万円以上)は必要だと思います。

現実的なラインでは、良くて年利5%程度となるでしょうから、毎月10万円欲しいなら3000万円くらいの株式を保有する必要があります(長期投資、配当金ベースでの利益を狙う場合)。

小額(数百万円程度)では、儲からない。

知っておいてください。



【知っておくべき事実】株式投資はつまらないです

じゃあ何で株式投資をやっているんだよ!ってツッコみたくなると思いますが、事実です。

始めに、夢を壊しかねない文章を書きます。

 

こんなイメージが、よく海外映画では出てきます。

ディスプレイには株価が踊り、ちょっとお高めのオーダーメイドスーツに身を包み、華麗に利益を確定し、ガッツポーズの傍らに高級ディナーの予約電話を入れる・・・

株式投資は華やかな世界で、成功者のヒントはここにある・・・。

 

そんなことは一切ありません。日本の、ましてや投資銀行のディーラーさんでもないサラリーマン投資家ならなおさらです。

実際をお話しすると、質素倹約し、タバコも吸わなければ酒も飲まない、趣味は動画観賞・・・。シンプルに地味です。

株式を購入することの優先順位が圧倒的に高いと、こんな感じの生活になるでしょう👇。

一ヶ月の生活費65000円の内訳【割と豊かで楽しいです】

 

喫煙者の人は、以下の記事でタバコとの付き合い方を一考されてはいかがでしょうか?

【タバコとの付き合い方】タバコではなく、タバコ銘柄を買う理由

コイツの生活には娯楽がない・・・とげんなりした人は、恐らく長期投資には向いていないです。

上述の生活でもいいよ~って人は、どうぞ読み進めてみてください。

では、株式投資はつまらないにも関わらず継続できている理由と私が株式投資を継続できる動機について、次の章で深めていきましょう。

 

株式投資を始める動機の重要性【私が株式投資を継続できる動機とは】

どれだけ動機を明確にできるかが、重要です。

単純に「お金が欲しい、お金に困りたくない」はNGです。

理由は曖昧すぎるからです。もっと具体的な言葉にしましょう。

 

私の例で説明させていただきます。

私も、多くの人と同様に「お金が欲しい、お金に困りたくない」と思っている人間です。

しかし、私はそこまでお金が欲しいというわけでもなく、毎月生活していける分のお金があれば幸せな人間です。

(日本はコンテンツ天国で、自宅で動画や映画、ゲームもし放題ですからね)

また、人は預金残高が減っていくのを見ると不幸になるらしく、私も例外ではありません。

(預金残高が減っていく景色が、精神的に追い詰められている感覚を似ているからでしょう)

つまり、私は毎月生活するためのお金がありつつ、預金残高が減らないことが幸せで、その形を目指すために毎月頑張る必要があるとわかりました。

なので「お金が湧いてくる仕組み」を欲しがりました。



動機が明確だから、投資手段も定まってきます【私は米国株長期投資】

お金が湧いてくる仕組みを目指す動機がしっかり固まったら、投資の手段もわかってきます。

白羽の矢が立ったのは米国株です。

株主を大切にする=配当金をしっかり出す って論理がまかり通るからです。

そして、配当金を株主にちゃんと出せない企業(グングン業績が伸びている企業は別)はカス扱いされますので、銘柄さえ間違わなければ安心して保有することができます。

会社員と米国株式が相性抜群な理由

配当金が大きくなりだしたら・・・継続できます

人間はゲンキンなもので、成果が出ると気持ちよくなり頑張っちゃうものです。

(そのかわり、成果が全然でないとやる気を失いますが)

私は1年半ほどで「あ~配当金ってこんな感じで大きく出来るものなんだなぁ~」と実感できました。

長期投資で成果を出せるかどうか、投資家は試されているような気がします。

 

配当金が大きくなる事を実体験出来たら・・・辞めることのほうが難しくなります。

できれば今日から始めてみましょう。

長期投資は長丁場です。

早く始めれば、その分早くゴールへ到達できますからね( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.