Sponsored Link

ミニマリズム

失敗しない株主優待株の選び方【ミニマリスト向け】

投稿日:2020年12月12日 更新日:


Yoshiaki
私に限らず「モノが多すぎるのは嫌だけど、金融資産は多く持っていても良い」と考える人は多いかと思います。

なので、株式や仮想通貨を投資対象に選ぶ人が多いです。

特に、日本は株主優待が大人気です。

株主優待を数多く持っていて、優待品がいっぱい届く人は幸せに見えるかと思います。

桐谷広人さんを見ていると、なんか楽しそうですよね( ´∀` )。

しかし、私には「株主優待株を多く保有すること」はマッチしませんでした。

大昔、優待品を持てあまし、結果的に粗末に扱ってしまったからです。

最小限のモノで生活している=優待品をありがたく使う とはならなかったようです。

今回は私自身の経験を踏まえた株主優待株の選び方をお話しします。

以下、ミニマリストの人や、株主優待株で失敗したくない人の参考になれば幸いです。

では、まいりましょう。



失敗しない株主優待株の選び方

以下の通りです。

  • 私生活を棚卸しする
  • 株主優待のランキングを見て、上位層を吟味する
  • 株式保有

ひとつずつ深めていきましょう。

 

私生活を棚卸する

なるべく具体的に、端的な文章で書いてみましょう。

以下、私の棚卸しです。

とある平日

朝ごはんは固定(オートミール、卵2個、コーヒー + ココナッツオイル)
健康のため、1日に水を2.5Lは飲んでいる
仕事(8H)
帰宅後はブログ、ゲーム、筋トレ、ネトフリ
*マスク延命のため、ティッシュを1日に2枚は使ってます

といった感じの毎日を送っています。

要するにインドア派なのです。

(ちなみにメチャクチャ楽しい生活です)

上述の生活をしている以上、余計なモノはありませんし、欲しがることもありません。

ですので、生活必需品がもらえる株主優待株を保有しています。



株主優待のランキングを見て、上位層を吟味する

巷のランキング👇をバカにはできないです。

株主優待 ランキング でググった結果

株式にはいろんな評価指標があり、自分で調査することは大変です。

(「自分で調べないと実力がつかない」と主張する人も一定数いらっしゃいます)

また、株式の評価指標は個人的な主観は入らないのでネット情報でも案外アテになります。

そして、ランキング上位の銘柄は大抵優秀なスコアを誇ります。

 

ランキング上位層は、それなりに実力者でもあるわけです。

その中で、真に自分が必要としているモノをくれる銘柄を選びましょう。

繰り返しになりますが、まずは私生活の棚卸しからです。

 

株式保有

ここで「株を買いたいけどお金がない!」って人は、まず節約から入りましょう。

最強の節約法4つと副収入源1つ【お金が貯まり、湧いてくるを実現】

3年で貯金200万円を”楽しく”できた理由【収入源:アルバイト】

現状、株主優待株ランキングの上位層は60万円くらいあれば大体買えます。

そこまでは頑張って貯金しましょう。

人生の攻略に合理性は必要ですが、時には根性も大切です。

「お金が湧いてくる仕組み」にこだわる私が保有する株主優待株

 

【個人的意見】株主優待株で値上がり益を狙わないほうが良い

値上がり益を受け取るのは株式投資の醍醐味と捉える人も多いです。

しかし、その考えを株主優待には持ち込まないほうが良いと思います。

(爆益を獲得した時の爽快感は筆舌に尽くしがたいくらい気持ちいいのは、私も理解しています)

 

そう思う理由は以下の2つです。

  • 必要なモノをくれることに感謝すべきだから
  • 長期で持つことになり、将来的な株価予想がほぼ不可能だから

 

まず、株主優待品には税金がかかりません。

配当金とは別物だからです。

大人はみんな税金が嫌いなので、タックスフリーな事には感謝しかないです。

上述の通り、私は必要な物のみを優待品として受け取っていますから、素直に感謝しています。



また、私の場合、優待品(生活必需品)は一回貰ってお終いってわけではなく、毎年安定して貰い続けたいと考えています。

なので、必然的に長期保有のスタンスを取ることになります。

そのため、現在の株価を気にしてもしょうがないです。

私たちに出来ることはサッサとはじめて、なが~く保有することだけです。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    -ミニマリズム
    -

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.